バルテリ・ボッタス、予選最速もエンジン交換で決勝は最後尾スタート / F1イタリアGP 予選
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1イタリアGPの予選で最速タイムをマークしたが、チームが戦略的なエンジン交換を選択したことで、決勝は最後尾からスタートする。

メルセデスF1は、シーズンの残り9ラウンドで4基目のエンジンを導入するかどうかを検討していた。導入しなければ、エンジンペナルティを避けられるが、古いパワーユニットを使用すると、潜在的にさらにコストのかかるエンジン故障のリスクが高まる。

そして、メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスにとってはモンツァでのF1イタリアGPが新しいパワーユニットにとって適切な時期であると判断し、4基目の新しいエンジンを投入した。

とは言え、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「スプリントレースのフォーマットはかなり好都合だ。日曜日にペナルティを受けるだけでいいからね」と Sky F1 にコメント。

エンジン交換にとってバルテリ・ボッタスは、日曜日のレースを最後尾からスタートすることになるが、メルセデスにとってはコンストラクターズチャンピオンシップをめぐるレッドブルとの戦いで潜在的に有利になる可能性がある。

バルテリ・ボッタスは、Q3の最後のフライングラップでチームメイトのルイスハミルトンからP1を奪い、モンツァでのスプリント予選で先頭からスタートする。

バルテリ・ボッタスは、最後のアタックは「非常に満足のいくもの」だったと語る。

「いい感覚だった。予選で良いラップができたときは感覚で分かるものだ」

「特にQ3ではすべてをまとめることができたので、とても嬉しいし、本当に満足している」

Q3の2回目のフライングラップでトップに立つことは常に計画していたかと質問されたバルテリ・ボッタスは「フロントローを独占したければ、全員がトウが必要であることを明確にしていた」とコメント。

「そして、幸運なことに、僕たちは最後に1番手になることができた」

決勝では最後尾からスタートするバルテリ・ボッタスだが、土曜日のスプリント予選にはペナルティは適用されず、勝者に3ポイントがあり、2位は2ポイント、3位には1ポイントが付与される。

そのため、バルテリ・ボッタスはチームゲームをプレイする必要性を認めたものの、前線にギャップを作り、さらに3ポイントを獲得することを目指している。

「チームとして最大のポイントを獲得する必要があると思う。それが重要だ」と彼は言いました。

「でも、どうなるか見てみよう。僕たちは実際に状況に応じて進める必要がある。もちろん、個人的には良いスタートを切り、ギャップを築くことを目指している。それが僕の目標だ」

スプリント予選で付与されるポイントは、今後のタイトル争いで重要となるため、今季でチームを離れるバルテリ・ボッタスがどのような役割を果たすかも注目だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1イタリアGP