F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナの姪であるポーラ・セナ・ラリによって彫刻されたアイトン・セナの特別な銅像が、バチカンで教皇フランシスコに贈呈された。

アイルトン・セナの姉ヴィヴィアン・セナの娘であるポーラ・セナ・ラリは、祖母ネイジ・セナから以来を受けて、2016年に3回のF1ワールドチャンピオンの銅像の制作を開始。元となる粘土彫刻は2016年末に完成し、その後、青銅で鋳造された。

ポーラ・セナは「祖母がこの任務を与えてくれたことを非常に誇りに思いました。彼女は彼の家族への暖かさを思い出せるようなポートレイトを望んでいました」とコメント。

「このような作品は私たちの家族や祖母ドナ・ネイドによってさえ承認されていることはほとんどありませんでしたし、難しい仕事であることはわかっていましたが、その挑戦に取り組みました」

セナ・ファイリーは、アイルトン・セナの深い宗教的信仰の遺産としてこの作品を教皇フランシスコに贈りたいと考えていた。

ポーラ・セナ・ラリはサンパウロで2人目の子供を産んだばかりあり、水曜日の午前中のバチカンでの授賞式に出席できなかったが、ポーラの姉妹であり、アイルトン・セナ研究所の所長であるビアンカ・セナ・ラリが、教皇フランシスコに銅像を贈呈。今後はバチカン美術館に飾られるという。

アイルトン・セナ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アイルトン・セナ