アウディ、2025年にレッドブルF1へのエンジン供給の噂を否定
アウディは、2025年にパワーユニットサプライヤーとしてF1に参入し、レッドブルF1のパートナーを務めるという可能性を否定した。

エンジンパートナーであるホンダがF1から撤退することにより、レッドブルは解決策を模索していたが、F1は2022年にエンジン開発を凍結することに同意。新しいエンジンレギュレーションが導入される2025年までレッドブル・レーシングおよびアルファタウリはホンダが2021年にむけて開発しているエンジンを自社で運用する手はずを整えている。

しかし、ホンダのF1エンジンを使用し続けるというソリューションは一時的なものでり、レッドブルF1はさらに先を見据えた計画を立てなければならない。2025年に新しいF1エンジンが導入されたときにはどうするのか?

ドイツのメディアは、アウディが解決策を提供することが可能性がある、議論はすでに行われていると報道。また、ホンダは知識と技術が競合他社の手に渡ることを望んでおらず、アウディのF1参入への関心は、レッドブルとホンダF1との間でF1エンジンを引き継ぐ契約が大幅に遅れた主な理由だと報じた。

しかし、アウディの広報担当はこれらの噂を非常に可能性の低いことだと否定した。

「私は10年間机の引き出しに拒否の手紙を置いている」とアウディの広報担当は語った。「何かを明確に除外することはできないが、現時点ではF1に取り組んでいいな」

「アウディは、今後数年間にむけた自動車とモータースポーツのプログラムをセットアップしたが、F1はその一部ではない」

F1の新しいCEOであるステファノ・ドメニカリは、潜在的なエンジンサプライヤーが大きな関心を示していることを示唆したが、特定の名前については言及していない。

レッドブルは、独自のエンジンプログラムを運用するためにRed Bull Powertrainsという会社を設立し、ミルトンキーンズの施設内の建物をエンジンショップとして改築する計画を明らかにしている。

Red Bull Powertrainsは、今後あらゆる方向に進むことができる。この会社の下でホンダのF1エンジンを運用していくことになり、独自のエンジンを設計および構築することもできるが、将来を見据えて、新しい会社とのコラボレーションを排除するものではない。実際、それは依然として好まれることだとヘルムート・マルコは認めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アウディ / レッドブル