ルーク・ブラウニング、2022年 BRDC Young Driver of the Yearを受賞
ルーク・ブラウニングが、2022年 Aston Martin Autosport BRDC Young Driver of the Yearを受賞しました。

GP3チャンピオンである20歳の英国出身のブラウニングは、賞金として20万ポンド、アストンマーティンのF1マシンでのテスト、BRDC((ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)のフルメンバーシップ、アライのヘルメットを受け取る。

ルーク・ブラウニングは、ファイナリストであるオリー・ベアマン、ジェイミー・チャドウィック、ルイス・フォスターを破り、英国のシングルシーターレーサーを発掘して後押しすることを目的としたこの賞の33番目の受賞者になった。

ルーク・ブラウニングは、パークレーンのグロブナーハウスで開催されたAutosport Awards で優勝者として発表され、1992年にアワードを受賞し、インディ500で3回優勝したダリオ・フランキッティ、F1ワールドチャンピオンに4度輝いたセバスチャン・ベッテル、Autosport編集長ケビン・ターナーから賞を受け取った。

「信じられない!部屋にいるすべての名前を見て、自分の名前をリストに追加するのは本当に特別なことだ...言葉では言い表せない」とルーク・ブラウニングはコメント。

「みんなが僕に注いでくれたハードワークの証だ。とても感謝しています。ありがとう」

ルーク・ブラウニングは、ハイテックGPで5勝を挙げ、10月のドニントンパークでのフィナーレで2022年のGB3タイトルを獲得し、イギリスF4とGB3の王冠を獲得した最初のドライバーになった。

アスレチックシンキングによるフィットネステストとメルセデスAMGペトロナスF1チームによるシミュレーター評価の後、4人の最終候補はシルバーストーンで2日間過ごした。彼らは MotorSport VisionのF2マシン、Beechdean Motorsportが運営するアストンマーティン ヴァンテージGT3、 United AutosportsのリジェLMP3マシンをグランプリサーキットで運転した。

ルーク・ブラウニングは、2009年のF1世界チャンピオンのジェンソン・バトン、13回のグランプリ優勝者であるデビッド・クルサード、現在のF1ドライバーのランド・ノリスとジョージ・ラッセル、そして2014年の世界耐久選手権チャンピオンのアンソニー・デビッドソンを含む、1989年に始まった賞の過去の受賞者の輝かしいリストに加わった。

2022年アワードの審査委員会は、元F1ドライバーであり、BRDC副社長のデレク・ワーウィックが主導した。他の審査員は、4度のインディカーチャンピオンのフランキッティ、マクラーレンとローラでデザイナーを務めたマーク・ウィリアムズ、ル・マン優勝のエンジニアであるリーナ・ゲイド、アストンマーティンの開発ドライバーで1996年賞を受賞したダレン・ターナー、GTチームのボスで1997年に賞を受賞したアンドリュー・カーカルディ、キャデラックLMDhドライバーで2008年アワード受賞者のアレクサンダー・シムズ、経験豊富なコメンテーターのイアン・ティッチマーシュ、Autosportの編集長ケビン・ターナーが務めた。

Autosport BRDC Award 受賞者
1989年 デビッド・クルサード
1990年 ガレス・リース
1991年 オリバー・ギャビン
1992年 ダリオ・フランキッティ
1993年 ラルフ・ファーマン
1994年 ジェイミー・デイヴィス
1995年 ジョニー・ケイン
1996年 ダレン・ターナー
1997年 アンドリュー・カークオールディー
1998年 ジェンソン・バトン
1999年 ゲイリー・パフェット
2000年 アンソニー・デビッドソン
2001年 スティーブン・ケイン
2002年 ジェイミー・グリーン
2003年 アレックス・ロイド
2004年 ポール・ディ・レスタ
2005年 オリバー・ジャービス
2006年 オリバー・ターヴェイ
2007年 ステファン・ウィルソン
2008年 アレクサンダー・シムズ
2009年 ディーン・スミス
2010年 ルイス・ウィリアムソン
2011年 オリバー・ローランド
2012年 ジェイク・デニス
2013年 マット・パリー
2014年 ジョージ・ラッセル
2015年 ウィル・パーマー
2016年 ランド・ノリス
2017年 ダニエル・ティクトゥム
2018年 トム・ギャンブル
2019年 ジョナサン・ホガード
2020年 
2021年 ザック・オサリバン・
2022年 ルーク・ブラウニング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン