フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンのF1マシンで300㎞以上を走破
フェリペ・ドルゴビッチは、先週、アストンマーティンF1チームの一員としてデビューを果たし、シルバーストンのアスロンマーティン AMR21 で 300 km 以上の走行を完了し、F1マシンのパワーを初めて体験した。

2022年のF2チャンピオンを獲得したフェリペ・ドルゴビッチは、アストンマーティンF1チームと契約を結び、新たに設立されたドライバー開発プログラム『AMF1 Driver Development Programme』に参加。2023年のリザーブドライバーを務めることが決定している。

今回のテスト走行距離により、フェリペ・ドルゴビッチは、F1アブダビGPのフリープラクティス1で運転するためのF1スーパーライセンスを付与されるための要件を満たした。

また、フェリペ・ドルゴビッチは、11月22日(火)に行われるポストシーズンのアブダビテストでヤングドライバーとしてアストンマーティン AMR22をドライブする。

フェリペ・ドルゴビッチは「F1マシンを初めて体験できたのは素晴らしいことだ。多くのことを学び、アブダビに向けて準備するために必要なすべての作業と走行距離をこなした」とコメント。

「天気は少しトリッキーだったけど、ドライタイヤでかなりの周回をした後、1日の終わりにウェットタイヤで走った。車のパフォーマンスはとても印象的だった。例えば、ギアシフトの滑らかさ、そして、横方向のグリップはコーナーに非常に多くの速度をもたらすことができる」

「この日は本当に楽しかっただ。トラックでチームと本格的に作業を開始する最初の機会だった。それを可能にしてくれたすべての人に感謝している」

アストンマーティンF1のチームプリンシパルを務めるマイク・クラックは「フェリペはシルバーストーンのテストセッションで素晴らしい仕事をした。マシンと変化するコンディションに素早く適応し、ほんの数周でペースを上げた」とコメント。

「若いドライバーがF1マシンで最初のラップを完走するのを見るのはいつもエキサイティングであり、フェリペはその機会を本当に最大限に活用した」

「彼は知的なドライバーで、エンジニアリングチームとうまく協力し、彼のプロフェッショナリズム、パフォーマンス、フィードバックに感銘を受けた」

フェリペ・ドルゴビッチ アストンマーティンF1フェリペ・ドルゴヴィッチ アストンマーティンF1Felipe Drugovich アストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティンF1チーム