アストンマーティンF1、すでに2023年を視野「AMR23に焦点を当てている」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、来年もスロスタートを切る余裕はないとし、チームは2023年F1マシン『AMR23』のパッケージに焦点を移していると語った。

アストンマーティンF1は、シーズン序盤の3つのグランプリでポイントを獲得できず、ローンチスペックの車で2022年シーズンの悲惨なスタートを切った。

ドライバーは当初、クルマのハンドリングとフィードバックに苦戦し、一連の事故につながり、オーストラリアでの週末はどん底に達した。

アストンマーティンF1は、スペインで大規模なアップグレードパッケージを導入し、シーズンを通じて利益を上げているが、それでもミッドフィールドグループの後方に留まっている。

「我々は、AMR22のパフォーマンスを改善し続けなければならず、まだそれに取り組んでいる少数の人々がいるが、すでにAMR23に注意を向けている」とマイク・クラックは語った。

「車は箱から出してすぐにパフォーマンスを発揮する必要があるため、我々はしばらくの間、AMR23に焦点を当ててきた」

「新しいシーズンと新しい車は、競合他社に先んじるための最大のチャンスだ」

マイク・クラックは、2022年までのアストンマーティンF1の開発は過小評価されてきたと考えているが、スタートの遅さによって状況が覆い隠されていることを認める。

「我々はシーズン前半を通してクルマに大幅なアップグレードを行ってきたが、それはすべて相対的なものだ」とマイク・クラックは語った。

「人々は、我々が競争上の順位を上げていないため、アップグレードが機能していないと考えているが、アップグレードは機能している。だが、追いつくには十分ではない」

「我々はスペインGPに新しいサイドポッド、フロア、エンジンカバー、フロントサスペンションへの変更といった主要なアップグレードパッケージをもたらしたし、両方の車が最新の仕様で走れるように間に合うように十分なパーツを用意した」

「私はそのようなものを見たことがない。チーム全員の並々ならぬ努力だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン