アストンマーティンF1、FIAのポーパシング規制から「ヒントを学んだ」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、先週FIA(国際自動車連盟)が発行したポーポイズ現象(ポーパシング)についての技術指令からヒントを学んだと語る。

技術指令は、空力振動を測定するための測定基準を明確にするだけでなく、プランクの摩耗と屈曲に焦点が当てられており、一部のチームが屈曲を利用し、現在は取り締まられたことを明確に示唆している

マイク・クラックによると、アストンマーティンF1は、チームがポーポイズ現象を制御する方法としてフロアの屈曲を利用している可能性があることに気付いていなかったと語る。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフも、一部のチームが屈曲を悪用している可能性があるというニュースを「ショッキング」だと語った。

この問題についてマイク・クラックは「明確にする必要がある」と語った。

「これは社内でも話し合ったものだが、かなりの量だ。レギュレーション許可されているものは何か? 報道で誰が驚いたのかわからないがね。トトだったか?」

「私もそうだったが、彼が言ったかどうかはわからない! だが、我々はそのトピックについて話し合った。実際、今朝でさえ、我々はそれについて話し合った。そこで何が起こっているのかを知る必要がある」

マイク・クラッシュは、このニュースがアストンマーティンF1に、以前は車高を上げることに焦点を合わせていたポーポイズ現象を制御しながらパフォーマンスを見つける方法を示したことを認めた。

「それは我々にヒントを与えてくれた。そして、我々がそこでできることすべてを探求するならば、アンドリュー(グリーン/テクインカルディレクター)とスタッフと一緒に見る必要がある」」

マイク・クラッシュは、他のF1チーム代表と同様に、継続性の価値を強調したものの、安全上の理由から、アストンマーティンF1が2023年のルール変更に関する技術指令の提案を支持することを確認た。

「安全第一であり、車を安全にするためにFIAをサポートする必要がある」とマイク・クラックは語った。

「今、当然ながら、変更が少なければ少ないほど、理論的には車はより近くなる。そして、変更は非常に高価だ」

「その観点から、多くの変更を望んでいない。最小限の変更であってほしい。一方、安全にするためにFIAをサポートする必要がある」

「(周冠宇がクラッシュしたことで)ここ数年の仕事が何をもたらしたかを目にした」

「技術諮問委員会があり、彼らは行うことができるいくつかの変更について話した。我々はコメントした。提案のリストがある」

「そして、それらのポイントのどれがポーポイズ現象を減らすのに最も効果的であると我々が考えるかについてのフィードバックを与えた」

ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーはシルバーストンで、一部のF1チームがすでにFIAによって採用される可能性のある変更に取り組んでおり、2023年に向けて準備を進めていることを示した。

「これについて答えを出そうとするのは、憶測になるだろう」とマイク・クラックは語った。

「FIAはすべてのチームにこのトピックのサポートとコラボレーションを依頼していると思う。レギュレーションのための2023年のCFD作業は許可されているため、提案を出したり、CFD分析を考えたりすることができる」

「その観点から、誰もがそれを自由にできると思う。そして、彼らがそれを行い、レギュレーションがそのように進んだ場合、彼らは他の人よりも優れた仕事をしたということになる」

国際自動車連盟

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / FIA