アストンマーティンF1、大口スポンサーのBWTを失う?
アストンマーティンF1は、2022年に大口スポンサーのBWTの支援を失うことになるとRacingNews365.comが報じている。

オーストリアの水処理会社であるBWTは、2017年に先立ってフォース・インディアとスポンサー契約。その結果、マシンはピンク色で飾られた。2020年にローレンス・ストロールがチームを買収し、レーシング・ポイントとなった後、この取引は強化され、BWTはタイトルスポンサーに就任した。

しかし、チームが、アストンマーティンに改名され、ローレンス・ストロールがより長期的な計画を立てたことで、両当事者間の関係は2021年シーズン前に不安定な状況に陥った。これには配色の変更も含まれ、マシンは伝統的なアストンマーティンのグリーンに変わった。

BWTとの契約は、2021年の初期段階で継続することが確認されるまで終了すると噂されていた。しかし、アストンマーティンのタイトルスポンサーはコグニザントに引き継がれた後も、BWTはスポンサーを継続し、ロゴとともにマシンにピンクの差し色が入れられた。

だが、2022年はBWTはアストンマーティンのスポンサーを継続しないとRacingNews365.comは報道。アストンマーティンの広報担当は「来月のマシン発売イベントで発表される予定です」とだけ答えている。

アストンマーティンF1のドライバーを務めるセバスチャン・ベッテルは、個人的にBWTとアンバサダー契約を結んでいるが、スポンサーシップが終了した場合、どのような影響を出るかはまだ不明だ。

そして、RacingNews365.comは、BWTは、アストンマーティンを離脱した元チーム代表のオトマー・サフナウアーと一緒にアルピーヌF1に向かう可能性があるとしている。今週、離脱が発表された長年のチーム代表であるオトマー・サフナウアーは、昨年からアルピーヌF1への移籍が噂されている。

「ローレンス・ストロールは私の見解を理解している」とBWTのCEOであるアンドレアス・ヴァイセンバッハーは Speed Week に語った。

「アストンマーティンがピンク色だったら、ブランド認知度がはるかに高くなるため、タイトルスポンサーのコグニザントももっと楽しくなるだろう」

「歴史的な観点から、ブリティッシュ・レーシング・グリーンには理解できることが多くあるのは確かだが、私には理解できない。ビジネスの観点からすれば、それは間違っている」

「現状では、アストンマーティンはテレビで目立っていない」

BWTのCEOであるアンドレアス・ヴァイセンバッハーは、2021年のアストンマーティンのカラーリングの変化に不満を表明していた。

「ローレンス・ストロールは私の見解を理解している」とアンドレアス・ヴァイセンバッハーは Speed Week に語った。

「アストンマーティンがピンク色だったら、ブランド認知度がはるかに高くなるため、タイトルスポンサーのコグニザントももっと楽しくなるだろう」

「歴史的な観点から、ブリティッシュ・レーシング・グリーンには理解できることが多くあるのは確かだが、私には理解できない。ビジネスの観点からすれば、それは間違っている。現状では、アストンマーティンはテレビで目立っていない」
ん。

「ピンクは我々のトレードマークとなっただけでなく、一定のエレガンスを獲得している。最大の失望は、ローレンス・ストロールにアストンマーティンをピンクにするよう説得できなかったことだ。それは利己主義からではなく、純粋な理由からだ。ピンクのマシンは単により多くの注目を集め、はるかに強力な広告効果がある」

BWTは、F1の公式水技術パートナーを務めており、昨年の夏に長期契約を結んでパートナーシップを拡大している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / F1スポンサー