アストンマーティンF1、“テレビ映えするグリーン”の検討開始 課題は重量
アストンマーティンF1は、2022年にテレビ映えを意識したグリーンのカラーリングの変更を検討しているが、F1マシンの重量を損なうものであってはならないと語る。

2021年からアストンマーティンのブランドを掲げて新たなスタートを切ったシルバーストーンを拠点とするチームは、伝統のブリティッシュグリーンをマシンカラーリングに選択。

チームは、実車のグリーンの見え方には満足しているが、テレビ画面ではその色は出ず、暗いグリーンはしばしばブラックのメルセデスと見間違えられた。

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、今年始め、マシンに使用するグリーンの種類を再検討すると述べていた。

「太陽の下で直接見ているときは素晴らしい色だと思う」とオトマー・サフナウアーは言った。

「だが、外で見ているときのグリーンを失うことなく、テレビでもう少しポップにすることを検討する必要があると思う」

「それができるかどうかは分からないが、テレビで他の暗いマシンとの差別化を図ることは我々が目指していることの1つだ」

アストンマーティンF1の2022年のカラーリングとグリーンの選択についての話し合いは、今週シルバーストーンのファクトリーで始まっており、現在、上級チーフが何がベストか検討している。

しかし、オトマー・サフナウアーは、チームがグリーンの変化を慎重に検討する必要があることを明確にしている。特に、マシンに過度の重量がかかる場合は、テレビ映えに基づいたグリーンを選択することはできない。

ペイントスキームの最新の状況について質問されたオトマー・サフナウアーは、2022年にチームが直面した重要な問題の1つは、最小重量制限に近づいていることであると説明した。

「ちょうどそれを検討し始めたところだ」とオトマー・サフナウアーはF1アメリカGPに先立つメディアコールで説明した。

「上級チームのマネジメント会議を開き、来年のペイントについて、どの色でどのようにマシンを塗装するかについて話し合いを始めた」

「だが、重量も大きな要因だ。我々はできるだけ多くの重量を削る必要がある。我々は今その過程にある」

アストンマーティンF1だけが、2022年F1マシンの最小重量制限との戦いに直面しているわけではない。

新しいレギュレーション、クラッシュテストの要求の増加、さらにホイールとブレーキの大型化により、マシン質量は増加する。F1チームは、予算上限の時代に、高価な軽量材料の使用を余儀なくされることに消極的だ。

今週発表された2022年F1レギュレーションの最新アップデートでは、来年の最小重量は792kgに引き上げられたが、それでもチームはそれを達成するのは難しいと考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン