アストンマーティンF1 「ニューウェイのような“ユニコーン”捕獲は狙ってない」
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは、チームの採用活動は、エイドリアン・ニューウェイのような“ユニコーン”を捕獲しようとするアプローチではなく、チーム全体に焦点を当てていると語る。

アストンマーティンF1は、2006年シーズン前にマクラーレンからエイドリアン・ニューウェイを獲得したことを含め、他チームからの最大の名前をヘッドハンティングしたことで、レッドブルが初期の頃にスタッフを獲得した方法と比較されている。

アストンマーティンF1は、元マクラーレンF1のチーム代表マーティン・ウィットマーシュの最近の加入を含め、過去2年間でチームに上級職員を連れてくる同様のプロセスを経てきたが、ローレンス・ストロールは、彼らの戦略は、一緒により大きなチームを構築するために適切な人材を配置することであると主張する。

ローレンス・ストロールは、F1の中でエイドリアン・ニューウェイのようなユニークな人々を雇うという「特効薬」のアプローチを取るかどうか尋ねられた。

「いいや、エイドリアンはユニコーンだと思っている。彼は非常に特別で、たぶん一度しか存在ない」とローレンス・ストロールは Beyond theGrid に語った。

「しかし、あなたは、最近数か月間、我々が業界で採用した経営幹部や上級管理職についてのすべての発表をフォローしていると思う」

「そのうちの1人は、エイドリアンの下で12年間働いていたチーフエアロダイナミストであったダン・ファローズです。したがって、エイドリアンがいなくても、我々にはダンがいる」

「だが、一人の人間ではなく、チームワークが重要だと思っている。700人くらいになると思うが、エイドリアンがここに座っていたら、きっと同じことを言うだろう。私は彼に関しては話すことはできないが、我々に関して言えば、約700人になるでしょう。

「我々は、勝利の文化、献身、情熱、労働倫理を望んでいる。競争相手よりも上手くやらなければならないという情熱を持ちたい」

以前、ローレンス・ストロールは、F1によって課せられた予算上限を満たすために、チームが従業員をほぼ2倍にする過程にあることについて話てきた。シルバーストーンのチームは、伝統的に予算とスタッフの面で実力以上の力を発揮してきた。

将来のF1タイトルに挑戦することを期待して、ローレンス・ストロールは、3つの建物の間に広がる「キャンパス」と呼ぶまったく新しいファクトリーが建設中だ。

ローレンス・ストロールは、できるだけ早くチャンピオンに挑戦することを望んでいるが、それを実現するにはいくつかの要素を整える必要があり、それには時間がかかると認める。

「明らかにこれらの施設が必要だ」とローレンス・ストロールは語る。

「私たちはまだ32~33年前にエディ・ジョーダンが挑戦をしたことを想像できる場所で運営している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン