【動画】 アストンマーティンF1、AMR21をシェイクダウン / 2021年F1マシン
アストンマーティンF1は、2021年F1マシン『AMR21』のシェイクダウンを実施。ランス・ストロールとセバスチャン・ベッテルが100kmの走行を共有した。

アストンマーティンは3月4日(木)、フィルミングデーを利用してシルバーストンで『AMR21』のシェイウダウンを実施。ロイ・サルヴァドーリとモーリス・トランティニャントが1960年のF1イギリスGPでDBR5をドライブして以来、61年ぶりにアストンマーティンのF1カーがコースを走った。

2021年のF1ドライバーを務めるランス・ストロールとセバスチャン・ベッテルの二人が伝統のブリティッシュグリーンに彩られた『アストンマーティン AMR21』を運転し、ピレリのデモタイヤで割り当てられたシルバーストンのグランプリレイアウトで合計16周に相当する100kmの走行を共有した。

今季からフェラーリからアストンマーティンF1に移籍したセバスチャン・ベッテルにとっては、同チームのマシン、そして、メルセデスのF1エンジンでの初走行となった。

アストンマーティンF1は、3月12〜14日にバーレーンでプレシーズンテストを実施し、3月28日にF1バーレーンGPで待望のF1世界選手権のグリッドに復帰する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / F1動画 / ランス・ストロール