アストンマーティンF1、2021年F1マシンは『AMR21』と命名
アストンマーティンF1は、2021年のF1世界選手権に投入するチームとしての第1号機を『AMR21』と命名したことを発表。61年ぶりのアストンマーティンのF1マシンは3月3日に発表される。

昨年までレーシング・ポイントとして参戦していたチームは、オーナーのローレンス・ストロールが有名な自動車メーカーの株式を取得したことに伴い、2021年のF1世界選手権から『アストンマーティン・コグニザントF1チーム』として新たなスタートを切る。タイトルスポンサーのコグニザントはアメリカの大手IT企業だ。

新生アストンマーティンF1は、2021年F1マシンを『AMR21』と命名。3月3日にバーチャルローンチイベント #UnlockTheVault で初公開される。カラーリングは伝統のブリティッシュグリーンになることは公然の秘密であり、昨年までタイトルスポンサーだったBWTのピンクがアクセントして差し込まれることが発表されている。

アストンマーティンF1 AMR21は、2021年のレギュレーションの元、昨年のレーシング・ポイント RP20からシャシーの約50%のパーツが引き継がれる。だが、空力開発は自由であり、シャシーも2つのトークンによって開発が可能。技術パートナーであるメルセデスが昨年マシンW11で使用したリアエンドにアップデートされる。

アストンマーティンF1のテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、AMR21の開発作業を以下のように説明する。

「すべての空力コンポーネントは、Catia CADを使用してエアロダイナミクスチームによって設計される。これらのモデルはCFDにインポートされ、処理され、結果が分析される」

「我々はチームとしてCFDも開発しているが、最終的にそこでは実現できる範囲でしか実現できない。F1カーで動作するように高度に最適化されており、開発が進むにつれて、ますます強力になる」

自動車設計のさまざまな段階は8月から1月まで続けられらが、パーツの仕様の決定には時間がかかる。CFDのモデリングを通じて設計の方向性が決定すると風洞が機能するようになる。より多くの“基本的”なパーツの場合、CFD設計から物理パーツを作成し、それを風洞でテストするのに2週間のプロセスが必要になる場合がある。よりパフォーマンスが重要なパーツの場合、8〜10週間かかることがある。パーツが先に進められた場合、その後1か月以上の製造が必要になる。

風洞の使用のバランスを取ることも不可欠となる。2021年以降、コンストラクターズ選手権でチームが上位に入るほど、空力開発に許可される時間は少なくなる。アンディ・グリーンが説明するように、チームは空洞の時間を「柔軟な取り決めであり、実行される開発作業の種類と作業に利用できる時間に依存する」と考えている。

風洞でのテスト後、仕様が確定すると、パーツは製造に送られる。ステアリングラックなどの要素はリードタイムが長く、完了するまでに12〜16週間かかる可能性があるため、タイムラインの重要なポイントとなる。そのため、そういった性質のパーツは、11月までに製造用に設計およびリリースされる傾向がある。

「パーツにはかなりの開発がある。パーツを設計するときは、R&Dに持ち込み、テスト、検査、および校正を行う」とチームの生産ディレクターであるボブ・ハリウェルは説明する。

「絶え間ない反復の過程で、半ダースのアイテムが失われる可能性がある。パーツが最初に合格した場合も、重量を取り除くことによっておそらくパーツのパフォーマンスを向上させることができることを意味するため、ほとんど満足はしていない。最適な解決策を見つけるために行われるパーツのプロトタイピングはたくさんある」

計画では、1月の終わりまでにシャシーがレースベイに配置され、3月のシーズンが開幕まで準備ができていることを確認するために、1台のF1カーに15,000台以上あるコンポーネントの設計を実施して生産を開始する。FIAの安全性試験の重要性を考えると、シャーシの完成は、達成すべき重要な期限となる。

設計、研究開発、検査による徹底的な安全テストを可能にするために、生産スケジュールが組み立てられる。製造されたパーツは、さまざまな検査テストとプルーフローディングを受けており、完全に承認されない限り、パーツを前進させることはできない。

設計と構築の非常に多くのステージが時間どおりに行われるためには、定期的な会議やIFSなどの公式サプライヤーのエンタープライズソフトウェアを介した正確で詳細な協力が重要となる。

「設計事務所のリーダーと生産管理の間で毎週会議がある」とボブ・ハリウェルは説明する。週ごとに、設計と製造の進捗状況を監視し、マシンの製造または特定のレースのアップグレードの期限に間に合うようにフィードバックされる。

「我々が次に取り組んでいることをすべての人が理解し、適切なビットが適切なタイミングで組み立てられるようにすることが重要だ。」

しかし、タイムラインと目標は重要だが、2021年のF1マシンを製造するための特定のエンドポイントはない。AMR21が時間どおりに構築されるようにさまざまなカットオフポイントが制定されているが、チームがすべてのパフォーマンスの向上を確実に見つけられるようにするため、常にトレードオフがある。

開発と改善への絶え間ない努力は、潜在的な利益を常に見つけることができることを意味する。しかし、タイムリーにそれらをマシンに乗せることは挑戦となる。マシンの生産スケジュールにアップグレードを組み込むかどうか、またはテスト中もしくは2021シーズン中にアップグレードパッケージとして導入するかどうかについては、しばしば議論がある。

AMR21の初期仕様は現在完成しているが、チームはすでに2021年シーズンの初めに登場するアップグレードパッケージに取り組んでいる。簡単に言えば、開発は止まることはあい。そして、アストンマーティンF1チームは、F1の技術革命のために2022年の自動車の開発に着手している。

アストンマーティン AMR21は、有名なアストンマーティンの名前がF1に戻ったことを告げるものであり、新しい時代への興奮がその発展を後押した。

「アストンマーティンの到着によって、すべての人がゲームを作り上げ、細部にまで気を配り、常に改善したいと思っている」とボブ・ハリウェルは付け加える。

「アストンマーティンが我々の後ろにいることで、我々は前進し、これらのものを適切に配置することができる。それは我々にとって大きな変化であり、とてもエキサイティングだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / F1マシン