アルピーヌF1代表 「信頼性よりエンジン性能を追求したのは正解だった」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、2023年のエステバン・オコンのチームメイトとしてピエール・ガスリーが加入したことは当初の計画よりも「優れている」と語る。

アルピーヌF1チームは、契約を延長できると考えていたフェルナンド・アロンソをアストンマーティンに逃げられ、代わりに起用しようと考えたオスカー・ピアストリはマクラーレンに逃げられた。

「エステバンとピエール(ガスリー)のラインナップは、(ピアストリの)訴訟に勝った場合よりも良くなっているので、私は満足している」とオトマー・サフナウアーはAS紙に語った.

しかし、フェルナンド・アロンソがエステバン・オコンと一緒にいればもっと良かったのではないかとオトマー・サフナウアーは尋ねられた。

「良い質問だ」とオトマー・サフナウアーは答えた。

「今年は素晴らしいドライバーラインナップだった。フェルナンドは素晴らしい仕事をしてくれたし、彼は今でも超高速だ」

「ラインナップには満足しているが、来年聞いてくれれば答えよう」

一見すると、41歳のフェルナンド・アロンソは、信頼性の崩壊に満ちた年にフラストレーションを感じながらアルピーヌF1チームを去ることになる。

それにもかかわらず、アブダビでのファンイベントでエステバン・オコンの隣に立ったフェルナンド・アロンソはチームが恋しいと語った。

「嘘だね!」とエステバン・オコンは冗談で語った。「彼は喜んで行くと言った!」

フェルナンド・アロンソは「わかったよ。出ていくことには満足している。でも、同時に悲しくなる。来年は自分がもっと競争力のあるマシンに乗れることを願っている」と語った。

オスマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソが2022年のアルピーヌの信頼性の記録に不満を感じていることを否定していない。

「ええ、もちろん彼はエステバンよりも多くの故障を抱えていた。我々はそれを知っている。そして、彼が良いポイントを獲得できたであろうときも分かっている。私もそれについて満足していない」とオトマー・サフナウアーは語った。

「だが、フェルナンドに問題がなくても、コンストラクターズ選手権で4位につけていただろう。それが目標であり、我々はそれを達成した」

「4位は今年我々ができるベストだったので、信頼性を犠牲にしてエンジン性能を追求するという決定は正解だった」

「マシンはわずかに変更されているので、来年の良いベースになるだろう。フロアが大幅に変更されても、基本的には同じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ