アルピーヌF1、オスカー・ピアストリ騒動で育成プログラムの廃止を検討
アルピーヌのローラン・ロッシ最高経営責任者(CEO)は、オスカー・ピアストリの事件を受けて、F1チームの若手ドライバープログラムを廃止する可能性があると示唆した。

アルピーヌF1チームのリザーブドライバーであるピアストリは、2020年からルノーワークスチームのアカデミーに所属している。彼はルノー/アルピーヌのジュニアとしてF3とF2のタイトルを獲得し、将来のアルピーヌF1ドライバーとして想定されていたが、チームを離れてマクラーレンに加わることを選択した。

これにより、2023年にフェルナンド・アロンソの後任としてオスカー・ピアストリを昇格させたいというアルピーヌの願望は挫折した。アロンソが来年アストンマーチンに移籍することを知って初めて、アルピーヌはその動きに熱心になった。

オスカー・ピアストリは、年末まで正式にアルピーヌF1チームで働いており、彼とチームが公の場で対立して以来、シミュレーターの任務を遂行してきたが、彼の差し迫った短大のやり方はアルピーヌをひどく動揺させた。

ローラン・ロッシは「パドックにいるほとんどの人が同じように感じている」と主張していることで「少し報われた」と感じているとし、オスカー・ピアストリの忠誠心の欠如を攻撃し、物語を彼のせいにした。

「これはこのスポーツにとって良くないことだ」とローラン・ロッシは語った。

「ここアルピーヌでの小さな傷だけでなく、このスポーツ自体にも少し傷がついたと思う」

過去数年間のオスカー・ピアストリのキャリアをサポートし、長期的に彼をワークスチームに昇進させる前に、ウィリアムズで彼にF1での経験を積ませるつもりだったアフピーヌからのピアストリの亡命は、F1チームが将来若いドライバーを支援する前によく考えるべきだといういくつかの提案につながった。。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、このシナリオにおいてアルピーヌの最も声高な支持者であり、彼の組織は今後ジュニアプログラム契約をより慎重に扱うと主張した。

これは、F1の契約承認委員会がアルピーヌがオスカー・ピアストリの契約上の状況を処理する際に平凡であるという見解を表明したにもかかわらずである。

ローラン・ロッシは「我々は他のみんなに火傷を負わせてしまった」と語る。

「それが生み出す問題は、市場が流動的になりすぎることだ。それは投資する利害関係者を危険にさらす」

「ドライバーに投資しないことで毎年お金を節約しようと決め、その節約したお金で彼らを引き抜くだけになるならば、それは別の命題だ」

「だから、彼らのドライバーのトレーニングを継続したいのか、それとも、彼らにとって魅力的ではないかもしれない契約で彼らをロックしなければならないのか分からない」

「じゃあどうやって解決するの? 今、我々が抱えているドライバーの現在のバッチを超えて継続するべきかどうか、そして、彼らと複数年の計画を立てているが、我々の義務を最後まで尊重するべきかどうかをどうか本当に疑問に思っている」

「新しいドライバーを採用するかどうかは疑問だ。なぜ私たちはそうするのか?」

オスカー・ピアストリ以外にも、アルピーヌにはF2 にジャック・ドゥーハンとオリー・コールドウェル、F3チャンピオンのビクター・マルタンス とF3レースウィナーのカイオ・コレットがいる。また、それ以外のも複数のドライバーが「アルピーヌ アフィリエイト」としてチームにリンクされている。

アルピーヌは、2016年にルノーのワークスプログラムが復活して以来、チームの一員でありながらF1グリッドに参加したジュニアドライバーをまだ1人も抱えていない。周冠宇はアカデミーを卒業し、今シーズン、アルファロメオF1に移籍した。

しかし、ルノー/アルピーヌは、現在のF1在職期間中、多くのジュニアを支援しており、ドライバープログラムは、ルノーのF1での以前の任務中にも多くの形で存在していた。

「これは我々の歴史の一部だ」とローラン・ロッシは語った。

「これはモータースポーツの歴史だ。それは利害関係者、主にメーカーがドライバープログラムが生み出してきた」

「したがって、我々はそれを変えたいと思う。それは危険すぎる? 前例を作ることになるか?

「それは我々が持っている価値でもある。我々は若い才能がピークに達したとき、彼らはすでに我々に非常によくフィットしており、彼らは我々とクリックするという我々の一連の価値観に彼らを引き込めると信じている」

「それが我々が好む考え方、我々が好む価値観だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ