アルピーヌF1チーム代表 「ダニエル・リカルドのチーム復帰に障害はない」
ダニエル・リカルドがルノーF1を去った歴史は、オスカー・ピアストリを維持できなかった場合にアルピーヌF1チームへ復帰することの障害にはならないだろう。

アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソの後任としてオスカー・ピアストリを起用することを望んでおり、そのために有効な契約を結んでいると考えている。

アルピーヌF1チームは8月2日(火)の午後、オスカー・ピアストリを2023年のドライバーに起用することを発表したが、その直後にピアストリはソーシャルメディアでそれを否定した。

2023年にF1でレースをするオスカー・ピアストリの唯一の選択肢は、ウィリアムズF1へのローン移籍である可能性が高まったとき、ピアストリはマクラーレンに移籍することに合意したと理解されている。

しかし、フェルナンド・アロンソのシートが突然空席になったことは、すべての関係者にとって問題は複雑化した。

オスカー・ピアストリが今後の法廷闘争に勝ってマクラーレンに移籍することになった場合、アルピーヌF1チームはフェルナンド・アロンソの後任を探す必要がある。

オトマー・サフナウアーは、月曜日にフェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1への移籍が発表された後、彼はすでに「他の潜在的なドライバーからの電話をたくさん受けていた」と述べた.

ダニエル・リカルドがマクラーレンから解雇されてオスカー・ピアストリにシートを譲った場合、最近のマクラーレンでの不振にもかかわらず、市場では複数のレースウィナーとして最も魅力的なオプションの1つになる可能性がある.

問題は、当時、チームの将来にリードするためにルノーに多額の費用をかけて雇われていたダニエル・リカルドが、2020年の2シーズン目の早い段階で、チームを離脱して2021年にマクラーレンに移籍することを決定したことだ。

その決定は、ルノー陣営に肯定的には受け止められず、シリル・アビテブールがオトマ・サフナウアーが去り、ローラン・ロッシが指揮を執るなど、チームのマネジメントが変わった今でも問題になる可能性がある.

実際、ルノー・グループのボスであるルカ・デ・メオは、ダニエル・リカルドの退任に特に不満を感じていた。

しかし、アルピーヌF1チームのオトマ・サフナウアーは、状況をフェルナンド・アロンソがチームに復帰したことと比較。フィールドの先頭に立つというチームの100レース計画を支援する適切なドライバーを見つけることが優先事項であると主張した。

「たとえば、フェルナンドを見れば、彼は出たり入ったりしているし、それは他のドライバーにも起こることだと思う」とオトマー・サフナウアーは語った。

「それはまったく問題ではないと思う。我々が集中する必要があるのは、言ったように、次の89~88 レースに向けた計画だと思う」

「その計画を可能な限り最高のドライバーで補完する必要があり、いくつかのオプションが用意されている。そして、エステバン(オコン)の隣に最高のドライバーを配置することで、計画を前進させることができる」

オスカー・ピアストリのソーシャルメディアでの声明の前に、オスカー・サフナウアーは、マクラーレンへの移籍の試みによって関係が損なわれる可能性があるにもかかわらず、最終的に彼がシートに座ることが確認された場合には、チームはピアストリと協力することができると主張した.

彼は状況を、ジェンソン バトンが2005年にウィリアムズに移籍するように見えたときのBARの状況と比較。バトンは、法廷闘争の後、最終的にBARに残った。

「私は、この種のことが実際に展開され、起こるのを十分に見てきた」とオトマー・サフナウアーは語った。

「ジェンソンがウィリアムズと契約し、最終的にブリティッシュ・アメリカン・レーシング・ホンダに残留した当時のことを覚えていれば、まったく問題はなかった。オスカーがジェンソンと違うことは知っている。とにかく、その道をたどる必要がないことを願っている」

「しかし、皆さんの推測は、ドライバーはどこかに行きたがっているということだ。そうでなければいいがね。だが、ドライバーが実際に別のチームと間違って契約した場合、最初に契約したチームのために運転しなければならなかったのを目にしてきた」

「そして、それはまったく問題ではなかった。当時のジェンソンはBARで素晴らしい仕事をし、ウィリアムズに移籍することはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ダニエル・リカルド