アルピーヌF1チーム、2023年のオスカー・ピアストリの起用を発表
アルピーヌF1チームは、2023年にリザーブドライバーのオスカー・ピアストリをレースシートに昇格させることを発表した。

フェルナンド・アロンソが、今シーズン限りでアルピーヌF1チームを離れ、アストンマーティンF1に加入するという電撃発表を受け、誰がアロンソの後任を務めるかについて憶測が飛び交った。

マクラーレンのダニエル・リカルドがエンストンに復帰し、オスカー・ピアストリがマクラーレンに加入する、さらにはインディカーのコルトン・ヘルタがアルピーヌF1チームに加入する可能性など、専門家の間で様々な憶測が展開された。

しかし、結局のところ、アルピーヌF1チームは、最も論理的で合理的なオプションを選択した。オスカー・ピアストリのジュニアカテゴリーでの優れた実績だけでなく、アルピーヌF1は、2019年にオクカー・ピアストリがアカデミーに加入して以降、多額の投資を行ってきた。

アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは「オスカーは明るく稀有な才能だ」とコメントした。

「ジュニアフォーミュラの困難な道のりを通して彼を育て、サポートしてきたことを誇りに思う」

「過去4年間にわたる我々の協力を通じて、彼が成長し、F1へのステップを踏み出すことができるドライバーへと成熟するのを目にしてきた」

「我々のリザーブドライバーとして、彼はトラック、ファクトリー、テストでチームに触れてきた。そこで彼は成熟度、約束、スピードを示し、エステバンと並んで2番目のシートに昇格することを確実にした」

「デュオが勝利とチャンピオンシップに挑戦するという長期的な目標を達成するために必要な継続性を我々に与えてくれると信じている」

奇妙なことに、アルピーヌF1チームのリリースには、オスカー・ピアストリ自身からの引用が含まれていなかったため、アルピーヌとの契約状況に関して別の憶測が飛び交っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ