アルピーヌF1、オスカー・ピアストリをF1フランスGPのFP1に起用との報道
アルピーヌF1チームは、オスカー・ピアストリをF1フランスGPのフリー走行1回目に起用すると報じられている。

今年、F1は少なくとも2回のフリープラクティスで“ルーキー”ドライバーを乗せることを義務付けている。F1スペインGPでは、レッドブル・レーシングがユーリ・ヴィップス、ウィリアムズF1がニック・デ・フリースを起用し、それぞれのドライバーがF1セッションを初めて経験している。

この指令は、F1がどのようなものかを次世代のドライバーに味わせるために導入されたものであり、オスカー・ピアストリは、次のチャンスを得ると噂されている。

Autosportは、アルピーヌF1チームがリザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリはF1フランスGPのフリー走行1回目に走らせると報じている。

アルピーヌF1チームがシルバーストンでの次のレースにアップグレードパッケージをもたらす計画を考えると、タイミングは理にかなっている。その次のF1オーストリアGPでにはスプリントレースが含まれる。

アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、オスカー・ピアストリがステアリングを握る正確なレースは明言しなかったが「すぐに」と語っている。

「シルバーストンではないと言える」とオトマー・サフナウアーは語った。

「しかし、そう遠くはない。彼を車に乗せる予定だというのが答えだ。それほど遠くはないが、まだは発表ない」

F1オーストリアGPはスプリントレースが組み込まれており、レースドライバーは午後に予選に直行することを考えると、アルピーヌF1チームのホームトラックでのオスカー・ピアストリのデビューは論理的な選択と言える。

オスカー・ピアストリは、2019年にポール・リカールで開催されたフォーミュラ・ルノー・ユーロカップに出場したが、F3とF2のどちらのタイトル獲得シーズンにもフランスでレースは開催されなかった。

オスカー・ピアストリは、アルピーヌF1チームとの関係を維持しながら、2023年にウィリアムズF1のドライバーになると予想されているが、オトマー・サフナウアーは彼の将来についての憶測について明言を避けている。

「我々全員が知っているように、オスカーはこれからの明るい若い才能だ」とオトマー・サフナウアーはコメント。

「我々はオスカーと契約しており、彼にはいくつかの選択肢がある。したがって、それを急ぐ必要はない。時間をかけて、シリーシーズンの適切なタイミングで、周りを見回して、そのようなタイプの決定を下す」

「そして、彼は昨年の車をテストしてきた。シルバーストーンだけではない。彼は他にもいくつかテストを行ってきたが、将来はもっと行っていく。そして彼はとてもうまくやっている」

オスカー・ピアストリは、将来が不透明な状況となっているニコラス・ラティフィに代わって2023年にウィリアムズF1でデビューを果たすと広く噂されている。

カナダグランプリで、オスカー・ピアストリが2023年にF1グリッドに立つと信じているかと質問されたオトマー・サフナウアーは「イエス」と反抗的に答えた。

「我々がドライバーとの契約の詳細については話すことはない。それは我々が決してしないことだ」

「したがって、いくつ伝えたくても、私には話すことできないと思う。だが、私がそう言うとき、それは計画されている」

オスカー・ピアストリがウィリアムズF1に加入する場合、アルピーヌF1チーム所属のままローン移籍の形をとると考えられている。これは、アレクサンダー・アルボンとレッドブル、ジョージ・ラッセルとメルセデスとの関係と同様となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ