アルピーヌF1チーム 「ルノーの新型エンジンはメルセデスやホンダと同等」
アルピーヌF1チームのCEOであるローラン・ロッシは、2022年のルノーの新型F1エンジンは、メルセデスやホンダ(レッドブル)と同等さと語る。

これまでルノーのF1エンジンは、4社のエンジンメーカーのなかで常に最下位にランクされてきた。今年はフェラーリが馬力面でメルセデスやホンダのF1エンジンを追い抜いたと考えられているが、ルノーのその2社に追いついたとローラン・ロッシは主張する。

「フェラーリのレベルではないかもしれないが、メルセデスやホンダと同等だ」とローラン・ロッシはAuto Motor und Sportに語った。

「より軽く、より短く、より狭く、そして、より低い重心を備えている。これは、必要に応じて、中央付近と後部をよりタイトにパッケージ化できることを意味する」

「また、長期間にわたってより多くの電力にアクセスできる」

アルピーヌF1チームは、2022年からの新しいF1レギュレーションの時代はレースに勝ってタイトルを争うチャンスだと語っていたが、相対的なアルピーヌF1チームの競争力は2021年とそれほど違いはないように見える。

また、アルピーヌF1チームの新車A522のシャシーは保守的すぎると考える人もいる。

「我々はレッドブルとメルセデスのコンセプトをミックスしている」とローラン・ロッシは語り、アルピーヌF1チームは、実際には1年前に比べてより強い立場にあると付け加えた。

「昨年はスピードが足りず、キャッチアップすることを余儀なくされた。今、我々は最初からトップ10に入っていると感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー