アルピーヌF1のオスカー・ピアストリ 「リザーブとして過ごす2022年は無駄ではない」
F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、アルピーヌF1のリザーブドライバーを務める2022年が無駄な1年になるとは考えていない。

オスカー・ピアストリは、2021年のF2シーズンの傑出したドライバーであり、2位に60.5ポイントもの差をつけてタイトルを獲得。F3、F2と2年連続でルーキーシーズンにチャンピオンを獲得するという偉業を成し遂げた。

しかし、アルピーヌF1のジュニアドライバーであるオスカー・ピアストリは、2022年のF1シートを確保することができず、リザーブドライバーとしてシーズンを過ごすことになった。

F1シートを獲得できる十分な競争力を示したオスカー・ピアストリだが、それが実現しなかったものの、2022年が無駄な時間になるとは考えていない。

代わりに、オスカー・ピアストリはアルピーヌF1のドライバーであるフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンと一緒に仕事をすることで貴重な経験を積むことができると見なしており、F1カレンダーを旅するという体験でさえも、チャンスとして捉えている。

「間違いなく今年が無駄な年になるとは思っていない」とオスカー・ピアストリは語った。

「もちろん、グリッドに参加したかったのは言うまでもない。でも、F1シーズンの旅行スケジュールなど、来年にピックアップできることはたくさんあるし、実際に運転するというプレッシャーなしにそれに適応できることは非常に有益だと思う」

「そして、来年の新車についてフェルナンドとエステバンの言うことを聴いて、マシンがどのように発展しているかを聞くことができるし、シムでのすべての仕事でそれに貢献することができる」

「成功したF1ドライバーになるためには、運転以外にもたくさんのことがある」

「来年の僕の役割の主要な部分の1つは、フェルナンドとエステバンからできるだけ多くのことを学ぶことだ。彼らの物事の進め方、エンジニアに提案する方法を聞くだけでも重要だ。彼らがアイデアについて考える能力、運転するだけでなくマシンで何を変えるべきかを考える能力は印象的だ」

「そして、それは僕が前進できるものだと思う。物理的に運転する必要はない。それは間違いなく来年の重要な部分になるだろう」

オスカー・ピアストリは、2022年に他の場所でレースプログラムに参加することは期待されていないが、F1シーズン中にアルピーヌF1でFP1セッションに出場する可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ