アルピーヌF1 「2022年に大躍進を遂げる鍵は新開発のF1エンジン」
アルピーヌF1は、2022年に大きな前進を遂げるためには開発中の完全に新しいF1エンジンが鍵となると考えている。

ホンダがF1を撤退したことで、F1はメルセデス、フェラーリ、ルノーの3つのエンジンメーカーだけとなった。ルノーのワークスチームはアルピーヌF1へとブランド変更したが、エンジンはルノーの名称を残している。

だが、アルピーヌF1としての初年度は厳しいものとなった。コンストラクターズ5位は変わらなかったものの、2020年の181ポイントから155ポイントに下げ、非自動車メーカーのアルファタウリと接戦を演じることになった。

新レギュレーション施行によって2022年にF1は新時代に突入。アルピーヌF1は、それを利用して順位を上げることを望んでいる、その野心の重要な要素は新開発のF1エンジンであるように見える。

Auto Motor und Sportによると、ルノーのF1エンジンはトップパワーユニットより35馬力低かったが、アルピーヌF1は、ヴィリー・シャティヨンで開発中の新しいエンジンによって馬力不足が解消されることを望んでいる。

「エンジンを安定させることができれば、大きな飛躍を遂げることができる」とAuto Motor undSportはチームが確認したと報告している。

新型パワーユニットの投入は、すでに2年間延期されており、アルピーヌF1のテクニカルディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、チームがコンストラクターで5位を保持できたことで、2021年に他の分野で改善できたことをを表していると考えている。

「それは他のすべての分野で改善したことを意味している。そして、それは来年我々を助けるかもしれません」とマルチン・ブコウスキーは語った。

だが、アルピーヌF1のアドバイザーである4回のF1ワールドチャンピオンのアラン・プロストは、2022年の規制の大幅なレギュレーション変更は「残念ながら、この理解の多くを来年にセーブすることはできない。空力はあまりにも異なっている」と指摘している。

アルピーヌF1が新しいシーズンに引き継ぐことができるのは、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソと2021年F1ハンガリーGPで初勝利を挙げたエステバン・オコンというドライバーラインナップだ。

アルピーヌF1のオペレーションマネージャーであるアラン・パーメインは、両方のドライバーの強みを指摘。フェルナンド・アロンソの経験はチームへの「ギフト」と称し、エステバン・オコンのポジションを守る能力を称賛した。

「フェルナンドは以前とまったく同じです。彼の経験はチームへのギフトだ」とアラン・パーメインは語った。

「エステバンはポジションを守るのが非常に得意だ。前にいるとき、彼はミスを犯さない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー