アラン・プロスト、オスカー・ピアストリのF1での将来に大きな期待
4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、アルピーヌF1の2022年のリザーブドライバーであるオスカー・ピアストリに大きな期待を寄せている。

ルノーの顧問役を務めるアラン・プロストは、オスカー・ピアストリのジュニアランクでの上昇を注視していることを認め、彼が見たものに感銘を受けたと語る。

「コンストラクターなどのプレッシャーがあるので、ドライバーがF1でビッグチームで何ができるかを予測することはまったくできない」とアラン・プロストはIn the Fast Laneに語った。。

「過去に大きなコンストラクターでF1に到着した一部のドライバーが、うまくいかないことを度々見てみた。彼らはプレッシャーを感じすぎて、少し見失ってしまう」

現在、オスカー・ピアストリは残り2ラウンドでFIA F2選手権をリードしている。
今年、タイトルを獲得した場合、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ、FIA-F3、そして、FIA-F2の3つのカテゴリーをすべて初の試みで制することになる。

それは、ジョージ・ラッセル、シャルル・ルクレール、マックス・フェルスタッペン、さらにはルイス・ハミルトンなどを超える実績だ。

「私は長年オスカーをフォローしており、マーク・ウェバー(彼のマネージャー)と長年連絡を取り合っている」とアラン・プロストは付け加えました。

「ルーキーとしてチャンピオンシップ初年を制すること、それを3回やってのけるのは例外的だ。そうなることは願っている」

「それができるドライバーは多くはない。だが、何よりも、私が最初に言ったことと比較して、私はパドックにいて、オスカーに挨拶している」

「彼と話をしているが、彼はリラックスしており、元気だ」。

「彼はそれが自分の人生だと感じることができている。彼は自分が何をしているのかを分かっているし、将来何をしなければならないのかを分かっている。そのような問題は避けられるはずだ」

「彼は頭がとても強い。彼は若い。将来、オスカーに大きな期待を寄せている。彼のことをとても気に入っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ