フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、インディ500のプラクティスで大クラッシュを屈したが、マクラーレンのインディカーのコックピットに戻ることに“恐れはない”と語る。

2年前のインディ500初挑戦時には一度もクラッシュすることなく終えたフェルナンド・アロンソだったが、今年のプラクティス2日目にターン3でウオールにクラッシュ。反動でマシンはコースの内側のウォールにも接触し、再び外側のウオールにぶつかってストップした。

「もちろん、シングルシーターで非常に高速で走っていればストレスや危険を感じる瞬間はある。高速で何かにヒットすれば、ちょっとした痛みはある」とフェルナンド・アロンソは Associated Press にコメント。

「すべての事故はだいたい同じような感じだ。ここでの違いは、壁にぶつかる速度が非常に速いことだ」

フェルナンド・アロンソは、今年のインディ500への挑戦について前向きなままだ。

「僕はいつも前向きだ。私たちは強くなるだろう。チームは、明日にむけてすべてが準備ができていることを確認している。僕も明日の準備はできています。恐れはない。我々はまた速くなるだろう」

関連:【動画】 フェルナンド・アロンソ、インディ500のプラクティスで大クラッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | インディカー