フェルナンド・アロンソ 「3度目の王座を獲れると思ってF1にいる」
フェルナンド・アロンソは、2023年にアストンマーティンへ移籍し、F1キャリアの新たな章を開くことになる。

アルピーヌF1チームでの2シーズンは、フェルナンド・アロンソの努力は主に信頼性問題の多発によって頻繁に損なわれ、期待を下回ることになった。

だが、2022年の残念な結果にもかかわらず、アロンソは、ドライバーとしてのパフォーマンスレベルが10年前のレベルに戻ったと感じている。

「内面で何を感じるかが重要だ」とフェルナンド・アロンソはBBCとのインタビューで語った。

「その意味では、たとえ良いポイントを獲得し、順位表でOKなポジションでフィニッシュしても、最高のフィーリングを持っていなかったかもしれない」

「今年はポイントを獲得できなかったかもしれないけど、来年には新しいプロジェクトに切り替えて、100%再びこのスポーツに取り組んでいくことを知っている」

フェルナンド・アロンソは、F1から2シーズン離れた後、2021年にアルピーヌF1チームでF1に復帰した際に自信を取り戻す必要があったことを認めている。

「昨年はパフォーマンスとシーズンの流れに100%満足できなかったと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「今年はマシンとパフォーマンス自体にはるかに満足しているし、次のチャレンジへの準備はできていると思う」

「スポーツに戻ってきたことを過小評価することはできない。でも、再び100%を感じるには、数レース、あるいは1シーズンが必要であり、それが僕に起こったことだ」

「でも、今はとても良いレベルにいると感じているし、幸せだ」

フェルナンド・アロンソは、そのモチベーションとスキルをそのままにアストンマーティンに移籍するが、おそらくより重要なことは、いつかワールドチャンピオンに挑戦できるという信念を持っていることだ。

41歳のフェルナンド・アロンソは、F1での最後の勝利は2013年のF1スペインGPにまでさかのぼることになり、それは難しいオーダーのように思える。

しかし、フェルナンド・アロンソは自分自身と、チームオーナーのローレンス・ストロールが表明したアストンマーティンの断固たる野心を信じている。

「最終的にチャンピオンシップを獲得することが毎日のモチベーションになっているし、いつの日か 3回目のタイトルは可能だと考えている」とフェルナンド・アロンソは語った。

「おそらく来年ではないかもしれないけど、未来のことは誰にもわからない。そして、今、アストンマーティンのこのプロジェクトには、他にも魅力的なことがある。チームをゼロから構築するのではなく、今年の後、彼らは次の数シーズンでより良いものになることを望んでいる」

「彼らにはチームに多くの新しい人、素晴らしい才能、新しい施設があるし、何かを一緒に加えることができる、いつかワールドチャンピオンになることができるという瞬間に参加したように思う」

「僕がその年にクルマを運転しているかどうかはわからないけど、そうでない場合でも、何らかの形で組織に残り、そのチャンピオンシップを誇りに思っていることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン