フェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1移籍は後退にあらず?
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、アストンマーティンF1は、グリッドの先頭を目指すために「フェルナンド・アロンソのようなドライバーを必要としていた」と語る。

アルピーヌF1チームでのフェウナンド・アロンソのミッションは「エル プラン」として知られるようなったが、2023年からアストンマーティンF1に複数年契約で移籍することが決定した。

フェルナンド・アロンソと同じスペイン出身のペドロ・デ・ラ・ロサは「エル プランは続く。再び勝つことだ」とスペインのラジオ局 Cadena SER に語った。

「フェルナンドはそれを言わないだろうが、彼はこれがより良い計画であると考えているので、彼の計画を変更した.これは良い変化だ。私はとても気に入っているし、正しい方向に進んでいる」

「人々はアストンマーティンの背後にあるものを理解していない」

しかし、フェルナンド・アロンソは、ルノーが所有するアルピーヌF1チームが、2023年の1年以上の契約延長をオファーすることに消極的だったことに単に苛立っていたと考える人もいる.

マクラーレンとフェラーリの両方でフェルナンド・アロンソの元同僚だったペドロ・デ・ラ・ロサは、「我々全員が不意を突かれた」と認める。

「ハンガリーでこのニュースが気づかれなかったのは驚くべきことだ。フェルナンドもアストンマーティンもそれをうまく隠していた」

別の元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハは、アストンマーティンF1への移籍は2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソにとって「後退」でだ考えており、元フェラーリF1のチームメイトであるフェリペ・マッサは、アロンソがチーム内で問題を引き起こすのではないかと心配している。

「状況が今のままだと、フェルナンドは10位、11位、12位、13位のポジションを争うことになるだろうし、それが彼にとって本当に興味深いものになるとは思わない」とフェリペ・マッサは語った.

しかし、ペドロ・デ・ラ・ロサはフェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1への移籍を支持している。

「投資はあります。それは事実だ」とペドロ・デ・ラ・ロサは語った。

「チームは急速に成長しているが、人々からさらなるモチベーションを生み出すには、フェルナンドのようなドライバーが必要だった」

「エンジニアと契約するための完璧な紹介状だ」

「アロンソと契約するとき、グリッドの真ん中にいるべきではない」

「そして、このような短期間で契約が行われると、契約へのモチベーションは双方向で非常に高くなる。遅かれ早かれ、それは勝利のプロジェクトになるだろう」

「最終的には、その野心と投資が、ドライバーをそのような決定に導く」

「多くの人が驚いており、この契約は後退だと言っている。確かに、今はより悪いチームだが、多くの投資をしているチームだ」

「もし、私が彼の立場だったら、同じことをしただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン