フェルナンド・アロンソ 「F1新時代はもう予算を言い訳にはできない」 / アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソは、F1に新しいレギュレーションが施工された今、アルピーヌF1チームはもう予算を言い訳にすることはできないと語る。

昨年、フェルナンド・アロンソは、フィールド全体をより緊密にすることを目的として新しい技術規則が導入される2022年に上位で競争することを具体的な目標に掲げてF1に復帰した。

しかし、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソも2022年シーズンのスタートは比較的控えめなものとなり、彼とチームメイトのエステバン・オコンは、レッドブル・レーシングの2台がレース終了間際にリタイアしたバーレーングランプリをそれぞれ9位と7位で終えた。

生のペースでは、レッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリが他の集団を一歩抜きんでているように見えるが、2022年がF1史上最大ともいえる抜本的なレギュレーション変更の初年度であることを考えれば、今シーズンは開発率が重要になるというのがパドック間のコンセンサスだ。

そのことを念頭に置いて、フェルナンド・アロンソは、彼とアルパインF1チームが今年も追いつくためには、ステップアップして迅速に成長する必要があることを認識している。

「ルールは、予算上限とともにより緊密な戦いとより公正な競争を行うことを意図しているので、それは僕たち次第だ」とフェルナンド・アロンソはロイターに語った。

「僕たちが速けらば、それは僕たちが良い仕事をしたということだ。僕たちが速くない場合、それは僕たちがF1で過去にそうだったように予算が少なかったからというわけではない」

「今の車は誰にとっても非常に新しい。今年は誰にとっても大きな進歩になると思うし、コース外でのそのレースにも勝つ必要がある」

フェルナンド・アロンソは、まだF1で成功することに熱心であり、今シーズン末にアルピーヌF1チームとの契約が切れる予定であるため、A522が改善されるのを待ちきれないとと語る。

アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは最近、エンストンとヴィリーのチームの拠点で「革新の健全なパイプライン」が生まれると述べているが、フェルナンド・アロンソも、チーム内の全員がそれを達成するために懸命に取り組んでいると語った。

「僕たちはそれらの可能性をできるだけ早く実現し、ある意味でその時間を短縮しようとしている」とフェルナンド・アロンソは語った。

「誰もが車体側、エンジン側でも全力で作業しているし、アルピーヌができるだけ早く勝つことを望んでいる」

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ