F1:フェルナンド・アロンソ 「2007年が悪いイメージを植え付けた」
フェルナンド・アロンソは、F1で過去よりも今の方が幸せだという見方を否定し、そのような誤解は2007年にマクラーレンでのルイスハミルトンと組んだ困難なシーズンにまでさかのぼると主張する。

F1から2年間の休憩を取った後、フェルナンド・アロンソは昨年、アルピーヌとF1に復帰した。その間、アロンソはル・マン、インディ500、ダカールラリーでのレースの機会にふけった。

昨年、フェルナンド・アロンソはカムバックシーズンの序盤はアルパインとともにF1のファストレーンでの生活に再調整することに費やした。

40歳のフェルナンド・アロンソは、新しい挑戦を受け入れているが、2021年に以前よりも幸せでリラックスしたドライバーとしてグリッドに戻ってきたとの見方には同意していない。

「おそらくそれには同意できない。(2010年に)フェラーリに加入したとき、皆さんからまったく同じ質問を受けたからね」とフェルナンド・アロンソはmotorsport-total.comに語った。

「今でもよく覚えている。『今幸せな理由は? イタリアのチームであり、あなたはスペイン人で、それがよりフィットしているからか?』。それで僕は『イエス、多分それが理由だ。僕たちは同じユーモアのセンスと同じ南部のキャラクターを持っている』と答えた」

「僕が世界耐久選手権、ダカールまたはインディにいたときも質問された。『今よりリラックスしている理由は? F1ではイライラしているようだった』。そして、今、僕は再び同じ声明を出している」

「その後、2015年にマクラーレンに戻ったけど、コメントは同じだった。『今とても幸せな理由は何ですか? フェラーリでの過去2年間は少し落ち込んでいて、フランストレーションを感じていていましよね。今はチャンピオンシップを争っていらず、ホンダなどによって悪いシーズンを過ごしていますが、それでもコース外ではかなり満足しているように思います。フェルナンドが変わったからですか?』とね」

「僕が世界耐久選手権、ダカールまたはインディにいたときも質問された。『今よりリラックスしている理由は? F1ではイライラしているようだった』。そして、今、僕は再び同じコメントをしている」

フェルナンド・アロンソは、自分のペルソナの歪んだ外部の認識は、マクラーレンでの2007年シーズンに根ざしていると信じている。このとき、アロンソはマクラーレンとの契約をわずか1年で打ち切ってルノーに復帰した。

「2007年に英国のチームで(ルイス)ハミルトンと戦ったとき、英国の環境では、人々は僕の印象を間違って認識し、間違ったメッセージを広めた」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

「その2007年以降ずっと、誰もが僕がどれほどいい気分で、どれほど幸せであるかに驚いている」。

「だから、あまり変わっていないと思う。今日は幸せだ。でも、過去のシーズンが幸せではなかったとは思わない」

しかし、フェルナンド・アロンソは、マクラーレンとの最後のシーズンである2018年の終わりにある種の倦怠感があったことを認める。

「だから、僕はF1をやめた。頭の中に他のものがあったからだ」とフェルナンド・アロンソは語った。

「でも、それでも楽しんでいたし、2018年も素晴らしいシーズンを過ごした。ザク(ブラウン)とは、2017年にインディ500を計画し、ストフェル(バンドーン)とは、2018年に素晴らしい関係を築いていたことを覚えている」

「引退しても楽しかった。まだまだたくさんのことが起こっていた」

「僕は幸せだ。たとえこのメッセージがみんなに届かないとしてもね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ