フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、フェラーリ F10がこれまで乗ったなかで最高のマシンだと語り、フェラーリはまだ手の内を隠していると警告した。

フェルナンド・アロンソは、ヘレステスト最終日にトップのバトンから1.5秒遅れだったが、バルセロナテストを残りして「悲観的になる理由はない」とASへコメント。

2005年と2006年にルノーでワールドチャンピオンになったフェルナンド・アロンソは、フェラーリF10が「これまでで最高のマシン」だと語る。

「レッドブル、マクラーレン、ルノーは速いし、彼らの手の内を見せたね。でも、僕たちはまだ隠している」

「これまですべてが順調なので、僕が他のチームにいたらフェラーリを警戒するだろう」

アロンソは、フェラーリが次に取り組むべき分野は、少ない燃料で走る予選シミュレーションだと示唆した。

「レッドブルやマクラーレンはかなりの速さことをみせている。カタルーニャ(バルセロナ)の次のテストではそれを基礎にパフォーマンスを改善させていくことになる」

バルセロナは、各チームが開幕戦バーレーンGPに向けてほぼ最終版のパッケージを持ち込むことになるので、勢力図を判断する重要なテストになるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | フェラーリ