アルピーヌF1 「アロンソがF1復帰にここまで苦労するとは予想外だった」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、フェルナンド・アロンソにとってF1復帰がこれほど難しいものになるとは予想していなかったと認める。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年にここまで苦労している唯一のドライバーではない。実際、この冬にチームを移籍したすべてのトップドライバーがスピードを上げるのに時間がかかっている。

「シーズンの初めに、セバスチャン・ベッテルは。調整するために3~4つのレースが必要だと言っていた」と元F1ドライバーのマルク・スレールは Sport1 に語った。

「リカルドに関しては、実際に改善し始めていることがわかるが、ベッテルに関しては、あまりうまく機能しておらず、他の人にも同じことが当てはまる。ペレスは苦労しており、サインツでさえチームメイトに追いついていない」

マルク・スレールは、冬季テストの欠如と現在のF1マシンの複雑さが問題を引き起こしていると考えているが、「私が思っていたよりもはるかに長い時間がかかっている」と述べた。

アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーも「最近は新しいチームに適応するのが難しくなっている」と同意する。

「フェルナンドは非常に才能があるが、F1は他のレーシングカテゴリーとは異なるレベルにあり、それはドライビングだけではないことを忘れてはならない。ここではマシンから100パーセント出なければならない」

39歳のフェルナンド・アロンソが順応に時間がかかっている理由について「私には見当もつかない」と認める。

「しかし、彼はまだ自分がフェルナンド・アロンソであることを知っている。一夜にして遅いドライバーになることはない」

「彼の非常に謙虚で成熟したアプローチにより、それは自然にやってくるだろう」

「現実的には、フェルナンドは何も過小評価していないと思う。その一方で、私はこれほどまで難しいとは思っていなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ