ミナルディ 「フェルナンド・アロンソのF1復帰は簡単にはいかないはず」
ジャンカルロ・ミナルディは、フェルナンド・アロンソのF1復帰は簡単にはいかないだろうと考えている。

2001年、ジャンカルロ・ミナルディは自身のF1チームであるミナルディでフェルナンド・アロンソをデビューさせた。20年後、フェルナンド・アロンソはかつて2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したルノーでF1に復帰する。

フェルナンド・アロンソは、まだ自分はグリッドで最高のドライバーの一人だと実力に自信を持っており、多くのF1ファンもアロンソの復帰を楽しみにしている。

しかし、ジャンカルロ・ミナルディはやや懐疑的だ。

「私の意見では、アロンソとルイス・ハミルトンは今でも最高のドライバーだ。だが、フェルナンドにとって復帰は簡単にはいかないだろう」

「アロンソの活躍を祈っているが、2年ぶりにプレミアクラスのモータースポーツに復帰し、すぐに成功することは容易ではない。長くF1を離れて強力な復帰を果たしたドライバーは多くない。ぱっと思い浮かぶ名前はニキ・ラウダくらいだ」

ジャンカルロ・ミナルディは、フェルナンド・アロンソのF1復帰の鍵を握るのはルノーのF1マシンであることを十分に理解している。

「もちろん、ドライバーにとって、手に入れられる機材に大きく依存しています。ルノーは道を見つけたようだ。それは確かにアロンソを満足させるだろう」

フェルナンド・アロンソを称賛するジャンカルロ・ミナルディだが、自身が若い才能にF1でレースをする機会を与えてきたように、アロンソも若者のために道を譲らなければならないと考えている。

「アロンソだけでなく、キミ・ライコネンのようなドライバーも、それほど遠くない将来に若いドライバーのために道を譲らなければならないだろう。たくさんの優秀な才能が台頭してきているし、彼らはF1でドライブするチャンスにも値します。」

現在、ジャンカルロ・ミナルディは、イタリアのモータースポーツ協会の仕事で毎週新しい才能を目にしている。

「週末のレースがまだかなりあるので、今年の残りのスケジュールでびっしりだ。新しい才能を間近で見ることができるのはとても素晴らしいことだ。危機にもかかわらず、さまざまなクラスで非常に多くのレースを見ることができるという事実を誇りに思っている。それを実現しているさまざまな組織に敬意を表したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / アルピーヌ