フェルナンド・アロンソ 「自分はF1で最も完成度の高いドライバーの一人」
フェルナンド・アロンソは、2021年にルノー改めアルピーヌでF1復帰を果たしたとき、自分はグリッドで最も完成度の高いドライバーにひとりであると自信をみせている。

かつて2度のF1ワールドチャンピオンを獲得したチームに復帰するフェルナンド・アロンソは、新たなAmazon Primeのドキュメンターシリーズを発表。その記者会見で自分がF1で最も完成度の高いドライバーであるとの評価に同意するかとの質問を受けた。

「同意しなければならない」とフェルナンド・アロンソは答えた。

「自分自身をかなり完全されたドライバーだと考えている。あらゆる項目に9点を付けるだろう。ウェットコンディション、土曜日、スタートで速いドライバーはいるし、私よりも優れているかもしれない・・・でも、自分は様々な状況やカテゴリーでトップに近いと思っているし、チャンピオンシップではそれは良いことでだ。様々なカテゴリーで活躍し、最終的には勝つトップアスリートがいるようなものだ」

2018年末にF1を離れたフェルナンド・アロンソだが、最近ルノーのエンストンとヴィリー=シャティヨンのファクトリーを訪れ、シート合わせとシミュレーターセッションを実施した。

近年、フェルナンド・アロンソは、ダカールラリー、ル・マン24時間レースを含めた世界耐久選手権、そして、インディ500など、様々なカテゴリー、シリーズに出場してきた。

フェルナンド・アロンソは、その適応性が自分をドライバーとして際立たせていると考えている。

「キャリアを通して、エンジンがV10やV8だったとき、僕たちははずっとそのレベルにいた。ミシュラン、ピレリでも、僕たちはまだトップの位置にいた」とフェルナンド・アロンソは語る。

「ウェットコンディションずっと得意だったし、他のカテゴリーに行ったとき、ダカールラリーに行ってトップ5に入ったのは自分としても良いサプライズだった。車に飛び乗って…インディ500でリードできたのは驚きだった。それで自分がどんなマシン、環境、カテゴリーにも適応できるドライバーであることがわかったし、自分自身の利点として生かすことができると思う」

「自分の限界というのは自分でわかるものだ。でも、ライバルや対戦相手に弱みを付け込まれないようにそれらを隠そうとする。そして、自分の資質を強調しようとする。それが僕がやろうとしていることだし、他よりも優れていることを強調しようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / アルピーヌ