フェルナンド・アロンソ 「2023年までインディ500には戻らない」 / ルノーF1
2021年にルノーからF1復帰するフェルナンド・アロンソは、契約が満了する2023年までインディ500に戻ることはないと語る。

先月、ルノーF1は、2021年以降のドライバーとしてフェルナンド・アロンソと2年契約を結んだことを発表。今月、アロンソはマクラーレンとともにインディ500に挑む。

フェルナンド・アロンソは、F1にコミットしている間は、複数の連続した週にわたって行われるインディ500に参戦する可能性を除外した。

インディ500のプラクティスに先駆けて「今後2年間は不可能になることを承知した上でレースに臨む」とフェルナンド・アロンソは語る。

「インディ500に参戦したければ、予選週末を逃さなければならなくなる」

「来年のF1でマクラーレンと一緒にことはもうない。それはお互いに機能しないだろう。僕は少なくとも2年間はここにいないことを知っている」

2015年から2018年までF1でマクラーレンに所属していたフェルナンド・アロンソは、インディ500でデビューするために2017年のF1モナコGPをスキップしました。今年、アロンソは、アロー・マクラーレンSPの3台目のマシンをインディ500で走らせる。

マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンが2021年のインディ500でドライブするマシンを提供する意欲を示していたが、アロンソはオファーを引き受けるつもりはないことを確認した。

「現時点はそうだ」とフェルナンド・アロンソは続けた。

「僕はここでイベントを楽しむ準備ができているし、ベストを尽くしてチームをできるだけ助ける準備はできている」

「将来的には何が可能かは見てみよう。いつか最終的にレースで勝つことができれば、別の可能性を開くだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / インディカー