F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、勝利の感覚が恋しくなったのでF1を離れることを決断したと語った。

昨年、フェルナンド・アロンソは、モナコGPを欠場してインディ500に挑戦して勝利を争い、今年はル・マン24時間レースで表彰台の頂点に立った。そして、今シーズン限りでF1を引退し、キャリアの次のステップに進もうとしている。

2015年にマクラーレンに復帰して以降、フェルナンド・アロンソはF1では勝利はおろか、表彰台、さらにはポイント獲得さえも厳しい状況を経験してきた。

しかし、フェルナンド・アロンソは、マクラーレンは挽回することができると考えていると語る。

「マクラーレンはスポーツ史上最高のチームし、彼らは数年後には良くなると僕はまだ信じている」とフェルナンド・アロンソは CNN に語った。

そんな状況にフェルナンド・アロンソは疲れてしまったと考えている人々もいるが、F1キャリアの最後が迫り、感傷的になっているとアロンソは明かす。

「過去2戦で携帯電話でパレードラップを記録している自分に気づいた。これまでの人生でそんなことをしたことはなかった。でも、今は全てを記録しておきたいと思っているんだ」

「引退を発表すると決めた8月から、全てのレースが通常よりも少し感傷的だった」

しかし、フェルナンド・アロンソは“世界で象徴的なすべてのレースに勝つことが自分のアイデア”であり、F1を引退するには“正しいタイミング”だったと考えていると語った。

2019年の計画についてはまもなく発表するとフェルナンド・アロンソは語る。

「通常、僕はすべてを前もって計画しておきたい男だ。自分の計画を知るのをあまり長く待ちたくはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | マクラーレン