F1 フェルナンド・アロンソ レッドブル・ホンダ
レッドブル・レーシングはオファーを否定しているものの、フェルナンド・アロンソはレッドブル・ホンダが“勝てるプロジェクトではない”と判断したのでレッドブルからのオファーを断ったと語った。

F1ベルギーGPの予選でQ1敗退を喫したフェルナンド・アロンソは、2019年のF1世界選手権には参戦しないことをすでに発表している。

フェルナンド・アロンソは、ダニエル・リカルドの離脱が決定した後を含め、今シーズン中にレッドブル・レーシングから2019年の契約について2度のアプローチがあったと語っている。

「レッドブルからのものを含めたオファーにノーと言った。勝てるプロジェクトではなかったからね」とフェルナンド・アロンソの地元スペインの Marca にコメント。

「現段階で僕の目標はもうF1にはない」

「2ヵ月前に決断していたし、僕はハッピーだ」

クリスチャン・ホーナーは、フェルナンド・アロンソがチームに所属チームの先々で“面倒な事態を起こす”ドライバーである非難し、レッドブルにとって“最も健在な選択ではない”と語っていた。

「混乱などなかったし、僕の仕事方法や性格についての夏の彼のコメントには失望している」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「彼は僕と仕事をしたことはないし、彼らは問題があると言えるような人々とではないと思う」

「ルノーとマクラーレンは僕にもう一度連絡をくれた。僕と仕事をしたこともなく、キャリアのなかで何度か僕を雇おうとした人のコメントとしておかしいよね」

過去3年間、フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダのプロジェクトでホンダのF1パワーユニットに苦しめられてきたが、レッドブル・レーシングは、2019年からホンダのF1パワーユニットを搭載することが決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ