F1 2018年F1世界選手権 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
マクラーレンは4シーズン連続でプレシーズンテストでトラブルに見舞われたが、フェルナンド・アロンソはルノーとの新たなパートナーシップに“悲観的になってはいない”と主張。また、元エンジンパートナーのホンダを迎えたトロロッソがトップ5入りしたら“拍手喝采”すると語った。

ホンダとの悪夢のような3年間を経て、マクラーレンはホンダとのパートナーシップを解消し、2018年からルノーのF1パワーユニットに切り替えた。

しかし、マクラーレンは2018年のF1世界選手権にむけたプレシーズンテストでも再び多数のトラブルに見舞われた。

だが、フェルナンド・アロンソは「悲観的になる理由は見当たらない」と Onda Cero にコメント。

「マクラーレンは歴史上2番手に優れたチームだし、ルノーは最高のエンジンメーカーのひとつだ。僕たちは野心に満ち溢れている。うまくいかない理由は見当たらない」

マクラーレンは、パパイヤオレンジの2018年の発表時に高い期待を抱いていることを明らかにしており、勝利さえ除外はしていなかった。

フェルナンド・アロンソは「発表以降、もしくは冬に立ていた計画にそれほど変更はない」とコメント。

「僕たちは過去3年間で改善して、出来る限りトップ3チームに近づきたいと思っていた。僕たちはそれをやっている途中だ」

だが、フェルナンド・アロンソは、2018年にマクラーレンが、メルセデス、フェラーリ、レッドブルとの戦いに加わることはないだろうと認める。

「マクラーレンは9番手からジャンプアップして、彼らに近づいて、レースで戦えるようになるだろう」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕たちがルノーに変更したとき、僕たち全員はマクラーレンがトップ3に近づいて、可能であれば全てのレースでトップ5に入り、常にQ3に進出し、可能な時に表彰台を争えれば十分だということで合意した」

マクラーレンがパートナーシップを解消したホンダはトロロッソと冬季テストでパフォーマンスを発揮しているが、フェルナンド・アロンソはマクラーレンが最悪のタイミングでホンダを切ったとの見方を否定した。

「僕はホンダとは何も問題はない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「でも、オーストラリアでホンダがどのようなパフォーマンスを発揮するか見てみるつもりだ。彼らは良い冬季テストを過ごしていたし、彼らがトップ5入りすれば拍手喝采するだろう。でも、そうなるとは思わない。1回のテストは、3基のエンジンでの21戦とは違う」

「彼らは下から3~4番手のポジションにいると思うし、僕たちマクラーレンはトップ5~6を目指している」

「僕たちはルノーに変更したことをとても満足している。昨年と比較して4秒くらい改善している」

また、フェルナンド・アロンソはマクラーレンを離れることを検討したことは決してなかったが、2015~2017年は“対処するのが難しかった”と認める。

「僕の人生は競争と勝利に基づいている」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「勝利がないのは厳しいけど、他のことを学ぶこともできた。ここ数年、僕の見解はインディやWECのような他の伝統的な大会まで広がった。全ての出来事には理由がある」

「それらの年月はフラストレーションを感じたけど、今はより競争力のあるドライバーになれれたので満足している」

2018年のチャンピオンの可能性について、フェルナンド・アロンソは、メルセデスが“総合的に優勢なようだ”と語る。

「通常、6台のクルマがグリッドの上位3列にいるし、そこに疑問はない。マクラーレン、ハース、ルノー、フォース・インディア? 僕たちがやらなければならない第一のことは、そのバトルに勝つことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ