F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンF1チームのボスであるザク・ブラウンは“F1のために素晴らしいことをしている”と称賛する。

フェルナンド・アロンソは、史上2人目の“3冠”を達成することをキャリアの目標に定めており、昨年はF1モナコGPを欠場してインディ500に挑戦。今月末にはデイトナ24時間レースに参戦し、6月にはル・マン24時間レース参戦の可能性も噂されるなど、マクラーレンのF1ドライバーでありながら、F1外でレースをすることが許されている。

フェルナンド・アロンソは、それらのイベントに参加できることはザク・ブラウンの影響だと称賛。その活動が、モータースポーツにより幅広い価値をもたらし、他のシリーズやマーケットに対してF1にポジティブな印象を与えていると感じている。

「彼はとてもユニークなボスだ。彼はモータースポーツに広いビジョンを持っている。彼は商業的な天才だ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「彼は過去2年間でマクラーレンを本当に助けてきた。今や彼はマクラーレンだけでなく、モータースポーツ全体を助けていると思う」

「彼のビジョンを完全に共有している。彼は僕のボスであるだけでなく、友人でもある。彼はスポーツのために素晴らしいことをしている」

フェルナンド・アロンソは自分のシリーズでレースができるのは、ザク・ブラウンとマクラーレンがモータースポーツにより広い視野を持っているからであり、他のドライバーが自分と同じように他のシリーズでレースをすることが出来るとは思っていない。

「ザクとマクラーレンが異なるビジョンを持ち、モータースポーツをより広い視野で見ているからこそ、僕はそれができている。僕もそのビジョンを共有している」

「僕たちはモータースポーツだけでなく、マクラーレンブランドも拡大させている。僕たちは一緒にそれをやろうとしている」

「F1の他のドライバーがそのようなビジョンを得ることは難しいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ