フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、自分がアマチュアのように見えてしまうとして、パワー不足のために燃料をセーブせよというチームからの指示を拒否してレースを戦った。

F1カナダGPの決勝レースで、フェルナンド・アロンソは44周目にエキゾーストトラブルによってリタイアしている。

フェルナンド・アロンソは、ライバルを相手に奮闘していたが、そこへ燃料をセーブせよという無線が飛んだ。

しかし、フェルナンド・アロンソはその指示を無視した。

エンジニア「燃料をセーブしなければだめだ。ターゲットゼロだ」

アロンソ「断る。したくはない」

エンジニア「そうしないと後で大きな問題になる」

アロンソ「大きな問題なら今も抱えてる! こんなドライビング、まるでアマチュアのようじゃないか。僕はレースをする。燃料のことは後で集中するから」

レース後、フェルナンド・アロンソはバトルを優先し、必要なら後で燃料をセーブするつもりだったと説明した。

「バトルの最中に集団に追い付いたり、誰かに追い付かれたりするとしよう。彼らはストレートで時速35kmも速いんだから違うカテゴリーだ。そんな風に簡単にみんなにパスされていたら、まるで自分がアマチュアドライバーみたいに見える。そんなのは嫌だ」

「今の僕たちがスーパーコンペティティブではないのはわかってる。信頼性の改善が必要だ。僕たちにはやることはたくさんあるけど、こういう週末がすべて改善のための勉強になることを願っている」

フラストレーションはあるかと質問されたフェルナンド・アロンソは「フラストレーションではない」とコメント。

「僕は燃料とタイヤをセーブしなければならなかった。3〜4回注意されたので、周囲にクルマがいてモチベーションがある今はレースをさせてくれと頼んだ。レースの最後に単独で走っていれば、その時点で燃料はセーブできる。それだけのことだ」

「今はそれほど重要ではないポジションを争っているし、燃料をセーブして理想のレースをすることは重要ではない。少しは楽しまないとね。今日はバトルを楽しんだ。他のマシンとバトルをしているときが今日のレースの一番いい部分だった」

「レースのパートによっては、違うテクニックが必要になることもあるし、燃料セーブやタイヤセーブが必要になることもある。あのレース前半の部分は周囲にクルマがいたし、その時間ではないと思った。僕たちはストレートが遅くて誰もオーバーテイクできなかったので、ディフェンスモードで少し楽しませてもらった。少なくとも気晴らしができたし、レースは完走できなかったんので、結局燃料セーブはいらなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダF1 | マクラーレン