アレクサンダー・アルボン、虫垂炎手術後に呼吸不全で一時は集中治療室 / ウィリアムズF1
ウィリアムズF1チームは、アレクサンダー・アルボンが虫垂炎の手術後に麻酔合併症で呼吸不全を起こして一時は集中治療室に入っていたことを明かした。

アレクサンダー・アルボンは、土曜日の朝に体調不良を訴えてF1イタリアGPを欠場。虫垂炎と診断され、、治療のためにサン・ヘラルド病院に入院した。

土曜日の昼休みにアレクサンダー・アルボンは腹腔鏡手術を受けて成功した。

だが、手術後、アレクサンダー・アルボンは、予想外の麻酔合併症に苦しみ、呼吸不全を引き起こした。彼は再び挿管され、サポートのために集中治療室に移された。

アレクサンダー・アルボンは一晩で素晴らしい進歩を遂げ、昨日の朝に人工呼吸器から外すことができた。

現在、一般病棟に転院しており、明日帰宅の予定。他の合併症はなかった。

アレクサンダー・アルボンは、今月後半に開催されるシンガポールグランプリに向けての回復と準備に全力を注いでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ