ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン、赤髪に別れ?「傷んで馬に触ってるみたい」
アレクサンダー・アルボンの赤髪のゲン担ぎは、髪の毛の痛みによって間もなく終了する可能性がある。

先月のオーストラリアGPで孤児院を訪問したアレクサンダー・アルボンは、リバプールに敬意を表して髪の毛を赤に染めた子供たちに触発され、子供たちはアルボンの髪を染め、決勝で彼は10位のポイントを獲得した。

イモラで開催されたエミリア・ロマーニャGPでは、ヘアカラーが落ち、11位に終わったため、マイアミでは派手な赤に染め直し、18番手スタートから9位でレースを終えた。

しかし、アレクサンダー・アルボンにとっては、目新しさが衰え始めているようだ。また、染毛によって髪の健康に懸念を表明し、ブリーチした後、自分の髪は「馬に触れている」ように感じると述べました。

したがって、赤髪はすぐにアレクサンダー・アルボンにとって過去のものになるかもしれない。

「これまで髪を染めたことはなかった。ブリーチすると髪が本当に破壊されることに気づいた」とアレクサンダー・アルボンはEurosportに語った。

「初めてにブリーチすると、自分の髪の毛が藁や馬のように感じさせる。すべてのミネラルがなくなる」

「だから、自分の髪の毛に触れていると馬に触れているような気がする。変な感じだ」

以前、アレクサンダー・アルボンは、マイアミでポイントを獲得した場合、ウィリアムズのクルー全員が髪を染めるという賭けをしたが、限られた人員しかそれを実施しなかった。

ウィリアムズの開発ドライバーであるジェイミー・チャドウィックは、髪を赤く染めないことを非常に明確し、チームは彼女の先導に従ったようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ