F1:アレクサンダー・アルボン 「最も準備が整ってないドライバーの一人だった」
アレクサンダー・アルボンは、2019年にF1への予想外の昇進をしたときに、F1に出場したドライバーのなかでも“最も準備が整っていない”一人だったと考えている。

今シーズン、アレクサンダー・アルボンはウィリアムズF1でグリッドに復帰するが、F1キャリアとしては3シーズン目となる。

25歳のアレクサンダー・アルボンは、2019年にトロロッソでF1キャリアをスタートさせた。レッドブルは、フォーミュラEの参戦契約を結んでいた日産からアルボンを奪い取った。

2018年後半、アレクサンダー・アルボンは、FIA-F2でタイトルを獲得したジョージ・ラッセル(現メルセデス)、2位のランド・ノリス(マクラーレン)に次ぐ3位でシーズンを終える生産的なシーズンを過ごし、日産とフォーミュラEでレースをする契約に合意した。

アレクサンダー・アルボンにとって、フォーミュラEは当時モータースポーツを継続する唯一のチャンスであり、さらに重要なことにワークスドライバーとしての契約だった。

しかし、その後、突然、レッドブルはアレクサンダー・アルボンに電話をかけてきた。

「それは非常に土壇場で起こった」とアレクサンダー・アルボンはMotor Sport Magazineに語った。

「全体がどのように起こったかについては詳しく説明するつもりはない。でも、トリッキーな状況だった。当然ながら、僕は日産と契約を結んでいたこともあり、フォーミュラEからF1にスイッチするのは思っていたほど簡単ではなかった」

「もちろん、僕の年齢のドライバーならそうだけど、ずっとF1に参加したいと思っていた。それが子供の頃からすべての人の目標だ。でも、とにかく僕たちは契約を調べる必要があった」

当時を振り返り、アレクサンダー・アルボンは、F1ドライバープログラムに所属していない若手として可能性が見えず、F1への夢は遠のいているように見えたと認める。

「とても迅速なプロセスだった」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「そして、ロシアの後半(9月下旬)まで、F1が可能だと思ったことさえなかった。なぜなら、僕は長い間、プログラムに参加したり、プログラムから実際にアプローチされたり、このような機会を得たりすることがなかったからだ」

「そして、突然、文字通り、F2キャリアの最後の2レースで、この機会を得て、F1にいた」

しかし、アレクサンダー・アルボンは、突然のF1への昇進に完全に準備ができていなかったと語る。

「F1に入るなかで最も準備ができていないドライバーの一人だったと思う」とアレクサンダー・アルボンは認める。

「みんな、F1に到着する前にテストを終えたと思う。でも、僕の最初のテストは文字通りバルセロナのウインターテストの初日だった。

「そして、僕はスピンした! すぐにスピンてしまった。ターン4でスピンした。『なんてことだ。何でこんな事始めちゃったんだろう?』と言う感じだったね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / レッドブル / トロロッソ