アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1で2022年の作業を開始
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1で2022年シーズンに向けた準備を開始した。

2019年シーズン途中から2020年末までレッドブル・ホンダのドライバーを務めたアレクサンダー・アルボンは、昨年はレッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーとしてシミュレーター作業などでチームに貢献。レース週末には角田裕毅のコーチ役も務めた。

2022年、アレクサンダー・アルボンは、メルセデスF1に移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰。F2時代にチームメイトだったニコラス・ラティフィと再びチームを組む。

今週、ロサンゼルスでのトレーニングを終えたアレクサンダー・アルボンは、昨年9月の契約発表以来となるウィリアムズF1のグローブのファクトリーを訪問。施設内を案内され、2022年マシンの製造の進捗状況を確認した。

その後、アレクサンダー・アルボンはチームのドライバー・イン・ザ・ループ・シミュレーターですぐに作業を実施。新シーズンに向けてチームの準備を開始した。

「長い休みの後、チームに会うことができてうれしかった」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「パドックでは何度か挨拶しているけど、自分の作業環境でマシンのクルーを訪ねるのはこれが初めてだった」

「僕たちは今、奇妙な時期にいるので、通常よりも少し静かだけど、シミュレーターで良い一日を過ごすことができて良かった」

「今は本当にエキサイティングな時期だ。コースに出るときのために出来る限りベストなウインドウで取り組むことができるようにすぐにシミュレーターに乗ってマシンの開発をスタートできたのは素晴らしいことだった」、

アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1のファクトリーを訪問ウィリアムズF1のシミュレーターに乗り込むアレクサンダー・アルボンウィリアムズF1のシミュレーターで作業するアレクサンダー・アルボン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ