アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンのF1王座獲得に0.1%でも貢献できて満足」
アレクサンダー・アルボンは、2021年にレッドブルF1のリザーブドライバーとしてマックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得で果たした役割について説明した。

F1パワーユニット時代で初めて、レッドブル・ホンダは、シーズンを通してメルセデスF1と十分に戦えるF1マシンを手にした。過去数年は、序盤はスロースタートで、シーズン終盤にギャップを縮めるものの、時すでに遅しという状況が続いていた。

セルジオ・ペレスがレッドブルF1のシートを獲得したことで、テスト兼リザーブドライバーとしてシーズンを過ごしたアレクサンダー・アルボンは、空力ルールの変更も役に立ったことを認めるが、開幕戦までにシミュレーターで多くの時間を費やして、2020年マシンが抱えていた安定性の問題を修正する方法がを見つけられたことが重要な一つの要因だったと語る。

「昨年の冬、マシンを2020年よりも安定させて、主な弱点に対処するために、シミュレーターで多くの時間を費やした」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「2020年は、特にリアが気まぐれだったため、マシンはまだかなりトリッキーでした。もちろん、適応したフロアのルールは僕たちを助けたけど、同時に僕たちは自分たちのパッケージを本当に最大化した」

アレクサンダー・アルボンが、2021年にレッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーとして発表されたとき、アルボンの作業の大部分は2022年F1マシンの開発を支援することだと考えられていた。

しかし、シーズンが進むにつれてミッションは来シーズンではなく、2021年F1マシンの作業がますます多くなり、特に最後の2ラウンドではシミュレーターで膨大な量の作業を行ったとアレクサンダー・アルボンは語る。

タイトル争いをしていることが、レッドブルの2021年F1マシンの開発でより大きな役割を演じることにつながったかどうかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「少しそうかもしれない」とコメント。

「タイトルレースがよりエキサイティングになり、僕たちは今年の車に再び焦点を合わせた」

「いずれにせよ、ジェッダとアブダビでのレースでは、通常のレース週末のシミュレーターよりも多くのことを行った。幸いなことに、それは非常にうまくいった」

来年、ウィリアムズF1でグリッドに復帰するアレクサンダー・アルボンは、自分が演じた役割に多くの誇りを持っており、マックス・フェルスタッペンがタイトルを獲得できたことをうれしく思っていると語る。

「このタイトルは僕にとっても素晴らしい気分だ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「僕だけでなく、ファクトリーの全員も、みんなとても一生懸命働いた。そして、それに対して報われることは素晴らしい気分だった」

「最終結果に0.1%しか貢献しなかったかもしれないし、それは無駄ではなかったし、この成功は僕に大きな満足感を与えてくれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / マックス・フェルスタッペン