アレクサンダー・アルボン、“愛弟子”角田裕毅とカートを楽しむ
アレクサンダー・アルボンは、F1サウジアラビアGPまでのインターバルを利用して愛弟子である角田裕毅とカートを楽しんだ。

今年、レッドブルF1のリザーブドライバーを務めているアレクサンダー・アルボンは、アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅のコーチ役としてグランプリ週末に角田裕毅をサポートしている。

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、グランプリに帯同しているアレクサンダー・アルボンに角田裕毅のコーチ役を頼んでいることを明らかにしている。

「彼がトラックにいるとき、裕毅をサポートしてくれないかと彼に言った。裕毅には彼が君を助けてくれるので、すべてをよりよく理解するよう彼に質問するよう伝えた。それは非常にうまくいっている」とフランツ・トストは語った。

先週末のトリプルヘッダーの最終ラウンドであるF1カタールGPを終え、F1は束の間の休暇期間を迎えている。

アレクサンダー・アルボンは、角田裕毅とイタリアのSOUTH GARDA KARTINGを訪れてカートをしたことをInstagramで報告。

「Austin Powers Racingがグローバルに展開。今日は主役の角田裕毅ととても楽しかった」とキャプションを添えた。(Austin Powers Racingが何を意味するかは2枚目を参照。身長差をドクター・イーブルとミニ・ミーに例えたジョークだが、小人症の故ヴァーン・トロイヤーに準えたことでコメント欄で物議を醸している)



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ / 角田裕毅