アレクサンダー・アルボン 「ガスリーのペナルティはおかしい」 F1トルコGP 決勝
アレクサンダー・アルボンは、F1トルコGPのスチュワードがフェルナンド・アロンソとの1コーナーでの接触についてピエール・ガスリーを罰することは完全に間違っていたと信じている。

ウエットコンディションで開催されたF1トルコGPのオープニングラップで、ピエール・ガスリーは、右側のフェルナンド・アロンソと左側のセルジオ・ペレスにサイドイッチされる形となった。

3人は並んでコーナーへと侵入し、ピエール・ガスリーは、セルジオ・ペレスから少し離れたが、そうすることでフェルナンド・アロンソと接触し、スピンさせた。

スチュワードは、このインシデントを調査し、ピエール・ガスリーに5秒ペナルティと2点のペナルティポイントを科した。

後にFIAのレースディレクターであるマイケル・マシは、ピエール・ガスリーが接触について「完全に責任がある」と説明したが、それはいかなる見方をしても厳しい裁定だった。

「今年の初めに戻れば、最初のイベントの前に、ドライバーとチームとの話し合い後、一般的な原則としてレースをさせるために、少し敷居を下げなければならないということだがった。」とレース後にマイケル・マシは語った。

「そして、そのうちの1つはファーストラップのインシデントであり、ドライバーがインシデントの責任を完全に負っている場合、ペナルティが発生する可能性がある」

しかし、外部の見解として、アレクサンダー・アルボンは、ピエール・ガスリーにペナルティを課すべきではないと断固として主張した。

「どんてもないことだ。僕としては間違いだ」とアレクサンダー・アルボンはF1の公式YouTubeチャンネルで語った。

「まず第一に、それは明言されていないことだ。最初のコーナー、最初のラップ、スチュワードは物事に対して非常に賢明なアプローチを取る傾向がある。『彼らにレースをさせる』というポリシーでね」

「僕にとっては、チェコが良いスタートを切り、彼が権利を与えられているようにノーズを入れているという意味で、それが得るのと同じくらい『彼らにレースをさせる』ということだ。

「ピエールは彼にスペースを与えている。彼が無線で言ったようにサンドイッチされたのは明らかだ。でも、何よりも、僕はスチュワードがピエールにどうすることを期待したのか分からない」

「彼らが考えていると僕が言える、または考えることができる唯一のことは、彼が自分とチェコの間に少しスペースを残しすぎたということだ」

「でも、正直なところ、このような状況では、あのようにマシンがインサイドに入ってくると、正確な車幅を与えることはできない」

「車幅よりも少し多くを与えるものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ