アレクサンダー・アルボン 「メルセデスF1エンジンの機密保持条項はまだ把握できていない」
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1との契約書に記されているメルセデスのF1エンジンに関する“非常に厳格で明確”な機密保持条項がどのようなことをカバーしているのかまだ理解できていないと語る。

2021年にDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦しながらレッドブルF1のリザーブドライバーとして過ごしてきたアレクサンダー・アルボンは、2022年にニコラス・ラティフィのチームメイトとしてメルセデスのF1パワーユニットを搭載するウィリアムズでF1グリッドに復帰することが決定した。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ウィリアムズとアレクサンダー・アルボンとの契約には、メルセデスのF1エンジンの知的財産権を保護する状況があると語っている。

メルセデスのボス、トト・ヴォルフはイタリアGPの週末に、グローブを拠点とするチームとのアルボンの契約には、ドイツのメーカーのF1エンジンの知的財産を保護する条項があると語った。

「我々にとって重要だったのは、別のパワーユニットメーカーのドライバーがチームに加わった場合、知的財産権に関する非常に厳格で明確な機密保持条項があることだ」とトト・ヴォルフは語った。

「それは常にウィリアムズと非常に調和していた。彼らは我々がどこから来たのか、そして何を守ることが重要かを正確に知っている」

アレクサンダー・アルボンはレッドブルF1からリリースされたが、関係は維持しており、再び協力するための「将来の選択肢」を持っている。

しかし、アレクサンダー・アルボンは、機密保持条項の意味についてまだ暗闇の中にいることを認めた。

「正直なところ、僕にはわからない」とアレクサンダー・アルボンは言った。

「まだ話されていない。まだ物事は進行中だ。僕たちはそれらが何であるかを待つ必要がある」

2020年までレッドブル・レーシングのドライバーを務めていたアレクサンダー・アルボンだが、今シーズンはセルジオペレスにその座を奪われた。

アレクサンダー・アルボンは、将来レッドブル・ファミリーに戻ることを除外するのは“馬鹿げている”と認めるが、今はウィリアムズでの将来に集中していると語る。

「レッドブルが僕が戻ってくる可能性のあるチームだと思わないのは馬鹿げていると思う」とアレクサンダー・アルボンは付け加えた。

「でも、現時点では、そこまで長期的なことは考えていない」

「今年は自分のメインプライオリティに集中しなければならないと本気で感じている。それはもちろん僕たちがチャンピオンシップを獲得することだ。来年はウィリアムズとのことだけだし、クルマの開発して、良いシーズンにすることだ。僕はその側面を通して成長し続けている」

「たとえば、将来について考えると、夢はたくさんある。今は、できる限り最善の仕事をして、短期的なことに集中して、何が先にあるのかを見極める必要があると感じている」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルとの関係は、まだレッドブルのブランディング掲げて競技をすることを意味するが、ウィリアムズのマシンには何もないと考えている。

「繰り返しになるけど、まだ進行中だ。おそらく、ヘルメットはまだレッドブルのブランドになっているかもしれない。でも、まあ、そんなところだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / レッドブル / メルセデス