アレクサンダー・アルボン 「ペレスの苦闘を慰めとしてなど見ていない」 / レッドブル・ホンダF1
アレクサンダー・アルボンは、今年、レッドブル・ホンダF1でセルジオ・ペレスが苦闘しているのを目にすることが“慰め”になったとの見方を否定する。

来年、ウィリアムズでF1復帰することが決定したアレクサンダー・アルボンは、昨年末にレッドブル・ホンダF1のシートを失い、経験豊富なセルジオ・ペレスが後任として加入した。

だが、31歳のセルジオ・ペレスもレッドブル・ホンダF1でチームメイトのマックス・フェルスタッペンのレベルに匹敵することに苦戦している。

「ペレスのコメントは、昨年僕がマシンについて考えていたことと似ている」とアレクサンダー・アルボンは Auto Hebdo に語った。

「でも、彼も苦労していることを決して僕はそれを慰めとして見ていない。僕はチームのために最善を尽くしたいと思っている」

「レッドブルが世界選手権でパフォーマンスを発揮することが重要だ」

実際、アレクサンター・アルボンは、セルジオ・ペレスの状況について、嫉妬とは正反対のアプローチを取っていると語る。

「僕は自分の経験とマシンの知識を共有して彼を助けることを好む」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「そうすれば、彼はできるだけ早く適応することができる。マシンは2020年と比較して改善されているけど、それでも悪戦苦闘している」

しかし、アレクサンダー・アルボンは、自分がレッドブルの2021年F1マシンのステアリングを握っていれば、改善しただろうと考えている。

「それを言うのは難しいけど、今年のマシンは昨年よりも優れている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「昨シーズンについては物事を学べたと感じている。以前前のシーズンを振り返り、自分の価値を示す機会が再び得ることができてうれしい」

ウィリアムズのF1エンジンパートナーであるメルセデスは、レッドブルとの継続的な関係に不満を持っていたため、実際には、ウィリアムズとの契約はアレクサンダー・アルボンにとって簡単なことではなかった。

結局、アレクサンダー・アルボンとウィリアムズとのF1契約には厳格な機密保持条項が持ち込まれた。

「あまり詳細には立ち入りたくないけど、いくつかの決まりごとがある」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「素晴らしいことは、僕たちがF1に戻ることができる解決策を見つけられたことだ」

有名なレーシングカーのコンストラクターであるジャンパオロ・ダラーラは、マックスフェルスタッペンのような本当に素晴らしいドライバーと、セルジオ・ペレスやアレクサンダー・アルボンのような他のドライバーとの間には単に違いがあると語る。

「フェルスタッペンが今日のF1でまだ最高のドライバーではないにしても、彼は非常に近い2番目だ」とジャンパオロ・ダラーラは Autosprint に語った。

「ペレスが示しているのは、ドライバーが感銘を与えるられることもあれば、できないこともあるということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス