アレクサンダー・アルボン 「F1に戻るために110%で頑張っている」
アレクサンダー・アルボンは、F1を諦めておらず、復帰するために“110%”の努力をしていると語る。

昨年、レッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして苦戦した後、25歳のアレクサンダー・アルボンは、セルジオ・ペレスに交代させられただけでなく、2021年にDTM(ドイツツーリングカー選手権)に降格した。

現在、アレクサンダー・アルボンは、DTMでアルファタウリのカラーリングが施されたフェラーリでレースをしているが、レッドブルの公式リザーブドライバーとしてチームに残っている。

セルジオ・ペレスは、バクーで優勝した後、アレクサンダー・アルボンの舞台裏での貢献に感謝した。

「アレックスはシミュレーターとエンジニアに多大な労力を費やしている。僕がここに来たとき、彼がこれほどオープンであるとは思っていなかった。でも、彼はマシンがどのように機能するかを僕に説明してくれた」とセルジオ・ペレスは語った。

アレクサンダー・アルボンは、セルジオ・ペレスの言葉を高く評価したが、自身の貢献は「仕事のほんの一部」であると主張した。

「チームでの自分の役割は分かっているので、特別な認識は必要ない」とアレクサンダー・アルボンは La Gazzetta dello Sport に語った。

「でも、僕がしていることは重要なことだし、僕はそれを理解している」

「僕は自分の仕事が大好きだし、毎日110パーセントを与えている。そうしなければ、F1に戻る機会は訪れない」

DTMシーズンは先週末のモンツァで始まり、アレクサンダー・アルボンは、2つのレースを4位と7位で終えた。

「GT3カーを運転するのは楽しいけど、ダウンフォースとグリップは僕が慣れているマシンよりもはるかに少ない」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「でも、全体として、僕の印象は悪くない。僕の経験があっても、GTに長く携わっているドライバーと競争しているこのシリーズではルーキーのように感じる」

「でも、僕の目標がF1に戻ることであることは周知の事実だ。もちろん、僕は自分のすることのすべてで勝ちたいと思っている。DTMも例外ではない」

「僕の人生は変わったけど、レッドブルとは別れていない。ミルトン・キーンズやサーキットで起こるすべてのことに積極的に参加している。F1に戻るために全力を尽くしている」とアレクサンダー・アルボンは主張した。

「今年は、横から何が起こっているのかを静かに観察する機会がある。戻る機会があれば、とても役立つと思う」

今年、アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅はクラッシュを多発しており、アレクサンダー・アルボンにF1復帰のチャンスが生まれる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / DTM(ドイツツーリングカー選手権) / アルファタウリ