アレクサンダー・アルボン 「外野の声を遮断して強さを証明できた」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 最終戦 F1アブダビGPの決勝を4位入賞で終えた。

5番手からソフトタイヤでスタートしたアレクサンダー・アルボンは、6周目に前を行くランド・ノリス(マクラーレン)をパスして、4番手に浮上。タイヤをうまくマネージメントしながら、終始4番手でレースを進めると、終盤にはメルセデス勢との差を詰めていく。

最後は3位のルイス・ハミルトンに約1.5秒差まで迫ったものの一歩届かず、4位でフィニッシュした。

「今日の結果には満足しているし、あと数周レースが長ければルイス(ハミルトン)をパスして表彰台に立てたと思う」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「今日はスティントの最初からタイヤをマネージメントしたけど、レース終盤でみんなタイムが落ち始めても十分なタイヤライフが残っていたので、少し大事にいき過ぎたのかもしれない」

「今週末はマシンの感触がとてもよく、F1に来てから一番だったかもしれない。レース前には大きなプレッシャーを感じていたけど、自分のパフォーマンスに集中することのみが目標だったし、自分にできる最高の仕事をしようと思っていたので、その中でこのような結果を残せたことを誇りに思う」

「いろいろな外野の声をシャットアウトして成長を続け、自分の強さをみんなに証明できたのは、とてもいい気分だ。僕たちはチームとして決してあきらめなかった。ファクトリーの全員から大きなサポートを受けてきたし、エンジニアたちとマシンを向上させるために懸命に取り組んできた。今は、家に帰って家族とくつろぐのが楽しみだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1アブダビGP