アレクサンダー・アルボン 「昨日起こったことを考えれば良い結果」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP 予選
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPの予選を4番手で終えた。

昨日のFP2でのクラッシュの後、レッドブル・レーシングは、アレクサンダー・アルボンのシャシーの交換を行い、今日のセッションにマシンを間に合わせた。FP3では力強いペースをみせたアルボンは、ミディアムタイヤでQ3進出を果たす。

Q3では、予選自己ベストタイの結果となる4番グリッドを獲得したアレクサンダー・アルボンは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンの隣からレースを開始する。

「もう少しいい結果が欲しかったと思う部分もあるけど、自身の予選でのベストリザルトに並べたことはうれしく思っているし、昨日起こったことを考えればいい結果だと感じている」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「2台が2列目からスタートできるということも、メルセデスと戦っていくうえでは僕たちにメリットをもたらしてくれる。FP3でも調子が良かったので、プッシュしていくつもりで予選に臨んだ」

「昨日に比べて僕たちは驚くほど速くなっていたけど、まだロングランは走っていないので、明日のレースでどうなるかが楽しみだ。明日はミディアムタイヤでのスタートになるけど、ここではタイヤの摩耗が激しいのでタイヤマネジメントがキーになる。明日は間違いなく面白いレースになると思う!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP