アルボン 「マシンの回収中にQ2開始を許可した理由が理解できない」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 予選
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、ニコラス・ラティフィのマシンをまだマーシャルがクレーンで回収している間にレースコントロールがQ2の開始を許可した理由が理解できないと語る。

ニコラス・ラティフィは、予選Q1の終了間際にターン8で出口でスピンしてグラベルでストップした。だが、まだラティフィのマシンが回収されておらず、セクター2にイエローが提示されたままにもかかわらず、Q2を開始するためにピットレーンがオープンになった。

ドライバーがピットを離れても、まだクレーンでニコラス・ラティフィのマシンを回収する途中であり、コーナーでは危険を知らせるためのダブルイエローが降られていた。

アレクサンダー・アルボンは、マシンを回収してトラックからマーシャルが出られるまでQ2セッションを遅らせなかったことを疑問視している。

「僕たちが運転していたとき、クレーンはまだ出ていた」とアレクサンダー・アルボンは語った。「あまり良いことだとは思えない」

予選Q1は2回の赤旗中断にとって1時間ほど押しており、アレクサンダー・アルボンは、レースコントロールが日没までにセッションを完了できないことを懸念したのではないかと考えている。

「日没が差し掛かっていたので、すべてを急いでいたんだと思うけど、それは馬鹿げていると思う」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「クレーンが移動するまであと5分くらいは待つことができたと確信している」

アレクサンダー・アルボンは、ピットレーンを出るときにエンジニアから危険について警告を受けたと語る。

「スタッフたちはすぐにそれに取り組んでいたし、『注意しろ。コース上にクレーンがいる』と言っていた」

「レースコントロールの間でいくつか誤解があったんだと思う。彼らが故意にそんなことするはずない。クレーンはまだコース上でラティフィのマシンを持ち上げていたので、どこで決定が下されたのか理解に苦しんだけど、コースに出るようにコールされたので、ピットレーンの終わりで待っていた。シグナルが変わるのに5分くらいかかると思っていたけど、1分でグリーンになった」

「僕は『大丈夫だよね。彼らはクレーンをかなり素早く動かしたに違いない』と思ったけど、十分な時間ではなかったのは明らかだった」

マーシャルの安全性についてのインシデントは2レース連続となる。イモラで開催されたF1エミリア・ロマーニャGPでは、マーシャルがコース上でデブリを掃除し終わる前に周回遅れのマシンがセーフティカーの抜くことを許可され、レーススピードに近い速度でマーシャルのわずか数メートル脇を通過した。

また、アレクサンダー・アルボンは、今週末のイスタンブール・パークの低いグリップレベルで大きな事故が発生しなかったのは幸運だったと考えている。

「今日、大きなクラッシュが発生しなかったのは幸運だったと思う。ターン3への進入で何度か間一髪の場面があった」

「難しい天候は楽しんでいる。難しいコンディションも楽しんでいる。通常の週末よりも楽しんでいる。でも、同時におそらく今回は過度に危険なことへの一歩だと言えるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP