アレクサンダー・アルボン 「そこまで酷いパフォーマンスだとは思わない」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、最近の自分のパフォーマンスは予選でも決勝でも“酷い”ものだったとは考えていないと語る。

アレクサンダー・アルボンは、ムジェロで開催されたF1トスカーナGPでF1初表彰台を獲得して以降、悲惨なパフォーマンスを続けており、過去4戦で1ポイントしか獲得できていない。

レッドブルF1は、アレクサンダー・アルボンに最終戦まで自分の価値を証明するチャンスを与えると繰り返し述べているが、多くはすでにレッドブルF1の心は決まっていると考えている。

しかし、アレクサンダー・アルボンは、予選や決勝でのパフォーマンスはそれほど悪かったとは思っていないと主張。脆弱なスタートとミッドフィールドで身動きが取れないという展開によって妥協を強いられていると説明する。

「もちろん、僕が本当に良い結果を出した最後のレースはムジェロだけど、酷いものではなかったと思っている」とアレクサンダー・アルボンはF1トルコGPの木曜記者会見で語った。

「予選はそれほど変わっていないと思う…多かれ少なかれ同じだけど、そうでない場合は、少し良くなることもある」

「レースのスタートで少しタイムを失っている部分は多かれ少なかれあるし、トレインに入り込んでしまったらオーバーテイクは本当に難しい」

ムジェロではチームメイトのマックス・フェルスタッペンもスタートに失敗し、複数回のスタートで苦戦を強いられた。アレクサンダー・アルボンはムジェロはオーバーテイクに向けていたため、3位まで挽回することができたが、他のサーキットでは挽回するのはそれほど簡単ではなかったと語る。

「ムジェロはオーバーテイクができるので素晴らしいレースだったと思うけど、グループの先頭のマシンが残りを決定づけるという点でかなりトリッキーだった。それがおそらく多くの理由だったと思う」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「もちろん、ここトルコはオーバーテイクに適したトラックだし、様々なラインを取ることができる。まずは予選でもっと高い位置で終えて、よりスムーズなレースをしたいと思っている」

レッドブルF1が2021年に変更を加えることを決定した場合、セルジオ・ペレスもしくはニコ・ヒュルケンベルグがアレクサンダー・アルボンのシートの主な候補だと考えられている。

セルジオ・ペレスは、レッドブルF1が本当に興味を持っていたとしても、計画を最終決定するのはかなり遅くなっており、2021年に“ソファ”でF1を見ている可能性を覚悟している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1